エプソンEP-704Aの廃インク吸収パッド交換対策


img_product_index (1)

今やプリンターは
一家に一台の時代ですね。

しかし、使用していく上で
避けられないのが
廃インク吸収パッドエラーです。

プリンターを持っていると
必ず直面するエラーなので
今のうちに対策を、把握しましょう。

スポンサードリンク

廃インク吸収パッドとは

廃インク吸収パッド(以下廃パッド)とは
印刷するときや、ヘッドクリーニングの時に
出てくる余分なインクを、吸収する部品です。

インクは液体なので、必ず少量の
廃インクがでます。

その廃インクを吸収する必要があるため
必要不可欠の部品なのです。

この部品は、エプソンに限らず
どのメーカーにも搭載されています。

エプソンの場合、2種類のエラーで
廃パッドの状態を教えてくれます。

1、限界値に近づいている
imgc61337d6zikbzj
廃パッドの吸収量が限界に
達した時のエラーです。

限界寸前でエラーが出るため
限界までそう持ちません。

重要な印刷が残っていれば
先に終わらせた方がいいです。

この時はまだ、プリンターが動きます。

2、限界値に達した
p2

廃パッドが限界に達したエラーです。

このエラーが出てしまうと
プリンターの動作は、スキャンも含め
一切できません。

関連記事はこちら↓
廃インク吸収パッドの限界になる原因と、長持ちさせる秘訣。

修理方法と料金と期間

gyokai126_01

廃パッドは交換しないといけない
部品ですが、自分たちではできません。

無理して解体すると危険なので
絶対にしないでください。

修理に出す方法は
ダウンロード販売店経由で依頼
ダウンロード修理センターに送付する

かの2択が主です。
近くに修理センターがある人は
直接持ち込むのもいいでしょう。

修理に関しての関連記事はこちら
エプソンプリンタが不具合。修理期間と修理手順の基礎知識。
エプソンプリンター修理・その他お問い合わせ先一覧。

修理料金は定額です。
廃パッド交換4000円+送料
(部品代と工賃込)

その他の修理個所があっても
定額修理9000円+送料です。
(廃パッド代込)

プリンターが修理センターに到着して
3営業日以内に、修理を終え発送します。

宅配業者の配送時間も含めて
1週間~10日前後が目安ですね。

知っとこ部品保有期限

プリンターにはそれぞれ
部品保有期限が定められてます。

EP-704Aは2018/9/30です。

この期間を超えてしまうと
部品がないため、修理ができません。

廃パッドエラーはいつでるのか
分からないので、
部品保有期限間近になっても
エラーが出てない方は
総合点検もかねて修理に出すことを
オススメします。

関連記事はこちら
エプソンプリンター修理。部品保有期限終了前に知っておきたい事。

部品保有期限すぎると
インクの買いだめはしないように。

同等品の相場

・EP-707A
ph_visual

EP-704Aの後継機種はEP-707Aです。

サイズは一回り小さく
以前に比べ、目立つような
騒音もないです。

印刷に必要なスキャンとコピー
そして印刷を、ぎゅっと詰め込んだ
シンプルなプリンターです。

相場は10000円前後
染料6色インクのプリンターの中で
一番安いプリンターです。

まとめ

・廃パッドは必ずくるエラー
・自分たちで交換ができない
・修理期間は1週間~10日前後
・修理料金は定額
・後継機種はEP-707A

修理費と新製品の価格が
変わらないのは悩みますよね。

購入価格が10000円前後の機種は
買い替えする人が、多いようですよ。

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ