エプソンEP-901Fの廃インク吸収パッド交換対策


.00601511620

プリンターは液体インクを扱うため
どうしても余分なインクが出てしまいます。

そのインクを吸収してくれる部品を
廃インク吸収パッドと言います。

これは消耗品の為、交換が必要です。

なので今回はEP-901Fの
廃インク吸収パッド交換について
紹介したいと思います。

スポンサードリンク

廃インク吸収パッドとは

廃インク吸収パッド(以下:廃パッド)とは
印刷やヘッドクリーニングの際に出る
余分なインクを吸収する部品です。

廃パッドの吸収量には、限界があり
2種類のエラー表記で教えてくれます。

1、限界値に近づいている
imgc61337d6zikbzj

廃パッドの吸収量が
限界に近づいているエラーです。

このエラー時はプリンターが動くため
必要なFAXなどや印刷があれば
先に終わらせたほうがいいです。

2、限界値に達した
p2

廃パッドの吸収量が
限界に達した時のエラーです。

このエラーになると
プリンターは一切動作できません。
(FAXもスキャンも同様)

関連記事はこちら
廃インク吸収パッドの限界になる原因と、長持ちさせる秘訣。

スポンサードリンク


修理方法と料金と期間

gyokai126_01

交換方法は2通りあります。
ダウンロード修理センター送付
ダウンロード販売店に依頼

ほかにも宅配業者が引き取りにくる
引き取りサービスもあります。

詳しい関連記事はこちら↓
エプソンプリンタが不具合。修理期間と修理手順の基礎知識。
エプソンプリンター修理・その他お問い合わせ先一覧。

家庭用プリンターは
修理料金が定額です。

廃パッド交換4000円+送料です。
(部品代と工賃込)

その他にADFの給紙が悪くなっていたり
別の不具合が確認されても
定額修理11000円+送料です。
(廃パッドや工賃込)

修理期間は宅配業者の
往復時間を含めても
1週間~10日ほどです。

エプソンの修理対応は迅速で
ユーザー評価も高いです。

知っとこ部品保有期限

プリンターには修理対応ができる
期間が決まっています。

それを部品保有期限といい
この期限を超えてしまうと
修理ができず、買い替えを案内されます。

EP-901Fの部品保有期限は
2016/3/31です。

期限を超えたあとは
インクの買いだめなど控えましょう。

関連記事はこちら
エプソンプリンター修理。部品保有期限終了前に知っておきたい事。

同等品の相場

・EP-907F
ph_visual (1)

EP-901Fの後継機種は「EP-907F」です。

染料6色プリンターでFAX機能付きは
この機種しかありません。

インクの型番は50/51型から
80型に変わります。

相場は40000円ほどです。

まとめ

・廃パッド部品は消耗品
・交換は定額で1週間ほど必要
・部品保有期限には気を付ける
・後継機種はEP-907F

新品だとやはり高額ですね。

年数がたつとADFの不具合は
よく見かけます。

部品保有期限前に定額で、新品同様に
修理してもらうのもいいですね。

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ