エプソン:廃インク吸収パッドエラー。PM-A890の詳しいまとめ。


ダウンロード (2)

PM-A890の液晶画面に、廃インク吸収パッドエラーが出て
びっくりした方は是非この記事を読んでください。

今回は機種を絞って、廃インク吸収パッドが出たときの
正しい対処を案内します。

スポンサードリンク

廃インク吸収パッドエラー・・・

そもそも廃インク吸収パッドとは
中の余分なインクを吸収する、内部の調整部品です。
関連記事はこちら↓
廃インク吸収パッドの限界になる原因と、長持ちさせる秘訣。

廃インク吸収パッドエラーには、二つのパターンがあります。

imgc61337d6zikbzj
上記の画像のように、限界位置に近づいているという注意喚起と

p2
限界に達したというエラーです。

近づいているというエラーは、まだ印刷自体が可能です。
ただ限界に達すると、プリンタが一切使えなくなります。
修理に出して部品交換ではないと
改善しないと思ってください。

スポンサードリンク


長年愛用したプリンターも・・

廃インク吸収パッドは、修理センターに出さないと
直らないものですが
全ての機種が、交換できるものではありません。

2005年に発売されたPM-A890も
今年で7年目となります。

プリンター業界で7年目は、
かなりの古株です。

部品保有期限についても
気を付けないといけません。
関連記事はこちら↓
エプソンプリンター修理。部品保有期限終了前に知っておきたい事。

調べたところ、PM-A890は
部品保有期限が終了している機種です。

そのため、修理ができないのです。

今のところ同等品の買い替えしかないようです。。

まとめ

・廃インク吸収パッドエラーは限界値じゃなければ使える
・通常は修理センターで対応だが、部品保有期限が終了している製品である

部品保有期限は避けては通れないものですが
愛用製品が使えないのはさみしいですね。
長年働いてくれたプリンタにお礼を言って、処分しましょう。

ちなみに処分方法は、各自治体による廃棄処分です。

スポンサードリンク

よく読まれる人気コンテンツ

サブコンテンツ

このページの先頭へ