エプソンプリンターEP-776A純正インク型番と特徴。注意点の紹介


tm_1212ep-805a_19

インクがなくなったので、量販店に買いに来ると
思った以上に、インクの種類がある!
と思った方いませんか?

自分の機種に対応している型番でないと
プリンターは動作しません。

ムダ金になってしまった!となる前に
この記事では、
EP-776Aの対応インクについて、紹介します。

スポンサードリンク

関連記事

EP-776Aのインク型番は

ph_visual_cont_214_02_01

標準カートリッジ
・ICBK70 (ブラック)
・ICC70(シアン)
・ICM70(マゼンタ)
・ICY70(イエロー)
・ICLC70 (ライトシアン)
・ICLM70 (ライトマゼンタ)
・IC6CL70(6色パック)

増量カートリッジ
・ICBK70L(ブラック)
・ICC70L (シアン)
・ICM70L (マゼンタ)
・ICY70L (イエロー)
・ICLC70L(ライトシアン)
・ICLM70L(ライトマゼンタ)
・IC6CL70L(6色パック)

増量タイプのほうが、通常のインクより
金額が倍近くなります。

写真印刷を大量にする方は
増量タイプのほうが、一枚当たりのコストが
安くなるためお勧めです。

70の数字はインクの型番号です。
ICBK70⇒70型のブラック
ICBK70L⇒70型の増量ブラック

という意味になりますね。

80
ICBKのBKはブラック、ICCのCはシアンなど
型番のアルファベットは、カラーの頭文字をとっています。

IC6CL70L_6_______552dc6acbe972

他社メーカーの互換インクでも
70型と記したインクがあるようです。

純正インクと見極めるためには
パッケージに、さくらんぼの写真があるか
EPSONというアルファベットの明記があるか
(他社製はエプソン用などカタカナ表記)
純正という文字があるか

という部分を見ればいいです。

EP-776Aのインクは、さくらんぼ
と覚えるのもいいですね。

純正インクの強み

71FYRRDUTHL._SL1500_

70型のインクは染料タイプです。

染料タイプは水っぽいインクで
写真印刷で、光沢感がでます。

純正インクの特徴として
エプソン独自で開発された
「つよインク」が強みです。

つよインクは、以前のインクと比べ
色落ちの原因にもなる
「水」「オゾン」「光」
とても強くなりました。

そのため他社インクと比べ品質もよく
保存性能がいいです。
tuyo
アルバム保存だとなんと!
200~300年も色落ちしないと言われてます。

お店で写真印刷を依頼するより安く
お店同等に保存期間がある
って素敵ですよね。

スポンサードリンク

関連記事


使用上の注意点

インク
インク交換時には、まず使い切ったインクに
きちんとふたをしましょう。

わずかに残っているインクが
飛び出すことになります。(経験談)

innku
インクにはそれぞれICチップの基盤がついています。

誤認識を起こさないためにも
インクの側面、底には
触れないように扱いましょう。

インクさし直し976A3
インクはしっかり差し込みましょう。

周りのインクと比べ
飛び出していないか確認するといいです。

互換インクについて

ink.comparison

他社インクは確かに安いですが
印刷の品質に差が出たり、プリンターのトラブルを招く
可能性が高くなります。

目詰まりが頻発すると、ヘッドクリーニングの回数が増えます。

ヘッドクリーニングをたくさんすれば、
余分なインクがその分出るため
廃インク吸収パッドの限界を、早めますね。

廃インク吸収パッドは
修理に出さないと交換できません。
ヘッドが目詰まりで故障してしまうと
定額修理になってしまいます。

廃インク吸収パッドの関連記事はこちら
エプソンEP-776Aの廃インク吸収パッド交換対策

また販売店の延長保証に加入している方でも
販売店によっては、他社インク使用からくる故障は
保証外というところもあるようです。(販売しているのに)

以上を踏まえると
・保証期間内の方
・プリンターの故障が気になる方
・印刷品質を重視される方

は、純正インクを絶対オススメします。

確かにプリンター業界は、本体を原価同等の値段で販売し
インクや用紙で利益を得る商売方法なので
他社インクより、値段が高めです。

ですが私なら、
お店で写真印刷を依頼するより、断然お得なので
安心して長く使えるほうがいいです。

まとめ

・EP-776Aのインクは70型
・目印はさくらんぼ
・セット時は取り扱いに注意
・品質、保管、故障を踏まえ純正が一番

純正インクも安く手に入るかも。
エプソン純正インクが激安で手に入る方法のまとめ。

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ