エプソンプリンターEP-905Fの純正インク型番と注意点&特徴。正しく使おう!


インクを購入するとき
思ってた以上にインクがあって
迷ったことありませんか?

違う型番だと、プリンターは動作しないので
間違わずに使えるインクを選びます。

ということで今回はEP-905Fの
インク型番や、特徴、注意点について
分かりやすくまとめました。

スポンサードリンク

関連記事

EP-905Fのインク型番は

ph_visual_cont_214_02_01

EP-905Fの対応インクは、以下の通りです。
標準カートリッジ
・ICBK70 (ブラック)
・ICC70(シアン)
・ICM70(マゼンタ)
・ICY70(イエロー)
・ICLC70 (ライトシアン)
・ICLM70 (ライトマゼンタ)
・IC6CL70(6色パック)

増量カートリッジ
・ICBK70L(ブラック)
・ICC70L (シアン)
・ICM70L (マゼンタ)
・ICY70L (イエロー)
・ICLC70L(ライトシアン)
・ICLM70L(ライトマゼンタ)
・IC6CL70L(6色パック)

同じさくらんぼのパッケージですが
70の隣にLがあれば、増量タイプです。

70という数字は型番号を指していて
ICBK70⇒70型のブラック
ICBK70L⇒70型の増量タイプ

を意味しています。

他の数字だと対応できないので
間違いなく70型を選びます。

IC6CL70L_6_______552dc6acbe972
他社インクでも、70型はあります。

エプソン用と書かれていても
エプソンに直接問い合わせたところ
使えるという保証はできないと言われました。

確実に使える純正インクを選びたいときは
以下の部分に注目してください。

1、パッケージにさくらんぼの写真がある
2、純正という文字がある
3、EPSONとアルファベットで記載してる

この3つを確認すれば
純正インクを見分ける事ができます。

純正インクの特徴

71FYRRDUTHL._SL1500_
70型インクは染料タイプです。

染料は水っぽいインクで
印刷の仕上がりは、光沢感が出て
全体的に明るく印刷されます。

写真の印刷に向いているインクです。

それに加え、純正インクには「つよインク」
採用されているので、色落ちの原因にもなる
「水」「オゾン」「光」に強くなっています。

つよインクは、エプソンが独自で開発したものなので
他社インクにはない、一番の強みでもあります。

tuyo

アルバム保存だと、その色持ちは
200~300年も持つと言われています。

いつまでも色あせることなく
思い出は残しておきたいですよね。

スポンサードリンク

関連記事


使用上の注意点

インクの取扱いについてです。

プリンターは精密機械なので
インクも正しく取り扱いましょう。
インク
インクを交換する時、使い古したインクに
しっかりとフタをしましょう。

innku
新しいインクにも赤枠部分が
指が触れないようにしましょう。

インクには一本ずつICチップがあり
衝撃を与えると、インクを認知しない事があります。

インクさし直し976A3

インクはしっかり差しこみます。

押し方によっては、カチという音がでないため
周りのインクと比べ飛び出していないか
目でもしっかり確認しましょう。

互換インクについて

ink.comparison

今は純正インクに劣らないほどの
高品質な互換インクがあるようです。

しかし、まだまだ他社インクからくる
プリンターの故障は後を絶たないようで
やっぱり純正インクが一番だと思います。

保証の面からでも、差がでます。

量販店特有の長期保証なども
他社インク使用からのトラブルは
保証対象外になる事もあるようです。

他社インクと比べれば
高値に見える純正インクですが
お店に写真依頼をするより、断然お得です。

高品質で保存も優れている純正インクと
激安だけど、故障しやすく
保障が効かない他社インク。

あなたはどちらを選びますか??

まとめ

・EP-905Fは70型インク
・目印はさくらんぼと純正の文字
・インクの取扱いは慎重に
・互換インクは保証が効かない事も

純正インクも安く手に入るかも。
エプソン純正インクが激安で手に入る方法のまとめ。

スポンサードリンク

よく読まれる人気コンテンツ

サブコンテンツ

このページの先頭へ