エプソンプリンターEP-707Aの純正インク型番と特徴。使用上の注意まとめ


tm_1212ep-805a_19

インクがなくなったので、買いにきたが
思ってた以上に種類がある!
思っていた以上に値段にばらつき!
一体どれを選べば・・と迷ったことありませんか?

今はメーカー以外からもインクが出ているため
使えるインクの幅が広くなりました。

そのぶん、インクについて
知っておくことは大事です。

ということでこの記事では
EP-707Aの純正インク型番をはじめ
他社インクの特徴や、取扱いなどを
わかりやすく紹介してます。

スポンサードリンク

関連記事

EP-706Aのインク型番は

4190349017_001

EP-707Aのインク型番は以下のとおりです。
標準カートリッジ
・ICBK80 (ブラック)
・ICC80(シアン)
・ICM80(マゼンタ)
・ICY80(イエロー)
・ICLC80 (ライトシアン)
・ICLM80 (ライトマゼンタ)
・IC6CL80(6色パック)

増量カートリッジ
・ICBK80L(ブラック)
・ICC80L (シアン)
・ICM80L (マゼンタ)
・ICY80L (イエロー)
・ICLC80L(ライトシアン)
・ICLM80L(ライトマゼンタ)
・IC6CL80L(6色パック)

80という数字は型番号です。
ICBK80⇒80型のブラック
ICBK80L⇒80型の増量ブラック

という意味です。

写真印刷を大量に印刷する方は
増量タイプのほうが、一枚当たりのコストが安いです。

違う型番だと認識しないので
80型をきちんと選びましょう!
91ng0hj+iaL._SX425_

他社インクでも80型はあるようです。
純正インクとの見分けは
・パッケージにとうもろこしの絵があるか
・EPSONとアルファベットで明記してるか
・純正という文字が書いてあるか

という部分を見れば、すぐに分かります。

他社インクの場合「互換」「エプソン用」
パッケージに明記しています。

純正インクの特徴

71XJYRork5L._SL1500_

純正インクは以前と比べ
かなりコンパクトになっていますが
ヘッドの改良で、このコンパクトさでも
以前と同じ枚数分印刷ができるそうです。

80型のインクは染料タイプです。
染料インクは、水っぽいインクが特徴で
仕上がり具合に光沢感がでます。

写真の印刷にとても向いています。

また、純正インクならではの特徴は
エプソンが独自に開発した「つよインク」です。

以前のインクと比べても
「水」「オゾン」「光」に強くなり
保存性能がよくなりました。
tuyo
アルバム保存だと200~300年は
状態が保てると言われています。

スポンサードリンク

関連記事


使用上の注意点

インクの取扱いについてです。
インク
交換時にまず、使い古したインクは
しっかりとフタをしましょう。

わずかに残っているインクが
飛び散る事もあります。(経験者)

innku

インクにはICチップが、それぞれついているので
赤枠部分には、指がふれないようにしましょう。

誤作動の原因にもなります。

インクさし直し976A3
差しこみ方によってカチっと
音はでないので、周りのインクと比べて
インクが飛び出していないか
目でもしっかり確認しましょう。

互換インクについて

ink.comparison

他社インクについてです。

今は純正インクと変わらないぐらい
高品質な互換インクもあるようですね。

しかし、保存性能、インクトラブルは
まだまだ純正インクにはかないません。

量販店の長期保証でも
互換インク使用からのトラブルは
保証が適応できない事もあるようです。

ここで私が思う
こういった人は純正インクをおススメ!という
条件をまとめてみました。

・プリンターの故障が気になる方
・メーカーの保証、または、長期保証期間中の方
・保存状態を気にする方

上記の人たちは、純正インクを強くおすすめします。

純正インクでも、お店で写真印刷を
依頼するより俄然お得です。

安心して安く、長く思い出が残せる方がいいと
私は思います。

まとめ

・EP-707Aは80型インク
・目印はとうもろこしと純正の文字
・取扱いには注意をはらって
・互換インクよりも純正インクが間違いなし

純正インクも安く手に入るかも。
エプソン純正インクが激安で手に入る方法のまとめ。

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ