エプソンプリンターEP-977A3の純正インク型番と使用上の注意点。見分け方も紹介。


tm_1212ep-805a_19

EP-977A3はA3まで印刷ができる
新モデルの最新版です。

A3の迫力を知ってしまうと
つい拡大したくなるものです。

インクをたくさん使うとわかっていれば
インクのストックをしてしまいます。

予備のインクを買いに来たけど
意外と多いインクの種類に
迷ったことありませんか?

この記事ではEP-977A3の
純正インク型番をはじめ
特徴や、注意点を分かりやすくまとめました。

スポンサードリンク

関連記事

EP-977A3のインク型番は

4190349017_001

EP-977A3のインクは、下記の型番たちです。
標準カートリッジ
・ICBK80 (ブラック)
・ICC80(シアン)
・ICM80(マゼンタ)
・ICY80(イエロー)
・ICLC80 (ライトシアン)
・ICLM80 (ライトマゼンタ)
・IC6CL80(6色パック)

増量カートリッジ
・ICBK80L(ブラック)
・ICC80L (シアン)
・ICM80L (マゼンタ)
・ICY80L (イエロー)
・ICLC80L(ライトシアン)
・ICLM80L(ライトマゼンタ)
・IC6CL80L(6色パック)

A3印刷をする方は
絶対増量タイプのほうがいいです!

80という数字の右隣にLがあれば
増量タイプです。

数字は型番号をさしていて
ICBK80⇒80型のブラック
ICBK80L⇒80型の増量ブラック

ということです。

違う数字だと、プリンターは認識しないので
間違えないようにしましょう。

91ng0hj+iaL._SX425_

他社インクでも、80型インクがあるようです。

純正インクと見分けるためには
パッケージに純正という文字があるか
EPSONとアルファベットで明記しているか

という部分を見ればいいです。

他にも、純正インクは型番号別に
イメージ画が印刷されています。

80型インクは”とうもろこし”なので
EP-977A3のインクは「とうもろこし」
と覚えるのもいいですね。

純正インクの特徴

71XJYRork5L._SL1500_

80型のインクは染料です。

染料は、水っぽいインクなので
印刷仕上がりに光沢感がでます。

写真の印刷に向いたインクですね。

また純正インクならではの特徴は、
エプソンが独自に開発した「つよインク」です。

つよインクとは・・・
色落ちの原因にもなる
「水」「オゾン」「光」に強くなり
保存性能が優れたインクです。

tuyo
アルバム保存だと、200~300年も
色落ちせず保てるといわれています。

スポンサードリンク

関連記事


使用上の注意点

インク

インクを交換する際
使用済みのインクは必ず、フタをしましょう。

わずかに残ったインクが飛び散り
悲しい思いをしたことがあります。

インクさし直し976A3

インクを差し込むときはしっかりと。
カチッという音は、押し方によっては出ないため
あまり気にしなくていいです。

音よりも、周りのインクと比べ
きちんと差し込まれているか、目で確認しましょう。

innku
インクにはそれぞれ、印刷回数を
カウントするICチップがあります。

インクの認識もこのICチップが重要なので
指が触れないように、取り扱いましょう。

互換インクについて

ink.comparison

他社メーカーが出している互換インク。

エプソン用と書いていても
まだまだトラブルは多いように感じます。

純正インクが年々コンパクト化したため
さらに高く感じますが

今の機種はヘッド部分が改良されて
今まで以上に無駄がなくなり
あのコンパクトサイズのインクでも
印刷できる枚数は、以前と変わりません。

また販売店によっては
長期保証が、他社インク使用からによるトラブルの場合
適応できない店舗もあるようです。

以上を踏まえて
・長期保証など、保証中の方
・プリンターの故障が気になる方
・品質、保存が気になる方

は、純正インクを使用することオススメします。

まとめ

・EP-977A3のインクは80型
・目印はとうもろこしと純正の文字
・A3印刷する方は増量タイプを
・取り扱いには注意

純正インクも安く手に入るかも。
エプソン純正インクが激安で手に入る方法のまとめ。

スポンサードリンク

よく読まれる人気コンテンツ

サブコンテンツ

このページの先頭へ