エプソンプリンター【EP-705A】純正インクについて。型番と使用上の注意


tm_1212ep-805a_19

インクを買いにくると
思った以上に種類があって
迷ってしまいます。

間違えたインクを買ってしまえば
プリンターに使えず無駄になります。

そのためこの記事では、EP-705Aの
インクの型番と注意点を紹介します。

スポンサードリンク

関連記事

EP-705Aのインク型番は

71e1X2cKA3L._SL1500_

EP-705Aのインクは下記のとおりです。
・IC6CL50(全6色セット)
・ICBK50(ブラック)
・ICM50 (マゼンタ)
・ICC50 (シアン)
・ICY50 (イエロー)
・ICLC50(ライトシアン)
・ICLM50(ライトマゼンタ)

ICBKのBKはブラック、ICMのMはマゼンタなど
カラーのアルファベットを示しています。

50という数字は50型という意味です。

つまりICBK50のインクは
50型のブラックということです。
ダウンロード (2)

他社インクでも
50型と書いてるものがあります。

純正インクと見分けるためには
パッケージに純正という文字と
風船の写真があるかを見てください。

風船の写真インクは、50型インクのイメージ画です。

純正インクの特徴

71Z7W7H9V2L._SL1500_

50型インクは染料タイプです。

写真印刷に向いていて、光沢感が出ます。
全体的に明るく仕上がるのが特徴です。

また、純正インクだけにある特徴は
エプソン独自で開発された「つよインク」です。

つよインクは、色落ちの原因になる
「水」「オゾン」「光」に強く
保存状態がすごくいいです。

tuyo

アルバム保存では200~300年
色落ちせず保存されます。

使用上の注意点

無題
取り換え時には
黄色いテープを、必ずはがしましょう。
ICチップには、手が触れないようにしましょう。

インク交換
インクはしっかり差し込み
他のインクと比べ、飛び出していないか確認します。

インク交換
50型インクは6種類ありますが、
・ICC50のシアン
・ICLC50のライトシアン

・ICM50のマゼンタ
・ICLMのライトマゼンタ

この組み合わせは見間違えやすいため
注意して何色がないのか、把握しましょう。

互換インクについて

ink.comparison

他社インクは
エプソンの動作対象外製品なので、保証がありません。

また品質も純正インクに比べ低く
保存にも優れていません。

インクトラブルも純正インクより、圧倒的に多いです。

値段は確かに安いですが、故障頻度
ヘッドクリーニングの回数、修理費を考えると
私は純正インクをすすめます。

まとめ

・EP-705Aのインクは50型
・50型は染料タイプ
・目印は風船と、純正の文字
・色の見間違いは気を付けよう

純正インクも安く手に入るかも。
エプソン純正インクが激安で手に入る方法のまとめ。

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ