エプソンプリンターEP-805A純正インクの型番と特徴。注意してほしい取り扱い。


tm_1212ep-805a_19

インクを購入しようと量販店にきたけど
思った以上にたくさんの種類があって
迷ってしまうことがあります。

インクは機種によって
変わることが多く、間違った型番では
まったく起動しません。

ということで今回は!
EP-805Aで使える純正インクについて
特徴や注意点などを、分かりやすくまとめました。

スポンサードリンク

関連記事

EP-805Aのインク型番は

ph_visual_cont_214_02_01

EP-805Aの型番は以下の通りです。

標準カートリッジ
・ICBK70 (ブラック)
・ICC70(シアン)
・ICM70(マゼンタ)
・ICY70(イエロー)
・ICLC70 (ライトシアン)
・ICLM70 (ライトマゼンタ)
・IC6CL70(6色パック)

増量カートリッジ
・ICBK70L(ブラック)
・ICC70L (シアン)
・ICM70L (マゼンタ)
・ICY70L (イエロー)
・ICLC70L(ライトシアン)
・ICLM70L(ライトマゼンタ)
・IC6CL70L(6色パック)

パッケージや、インクの型番に入っている
70の数字が、「70型」という意味で
ICBK70⇒70型のブラック
ICBK70L⇒70型の増量ブラック

ということです。

気づいている方もいると思いますが
ICBKのBKや、ICCのCは
それぞれカラーの頭文字を略しているものです。

80
インク切れのお知らせが出ているときも
この頭文字で何色がないのか把握できます。

他社の互換インクもたくさん売られているため
純正インクだと見分けるポイントを、紹介します。

・さくらんぼの写真がある
・EPSONとアルファベットで記載
・純正と書いてある

さくらんぼの写真は70型インクのイメージ画です。
他の型番だと別の写真なので
さくらんぼ=EP-805Aのインク
と覚えるのもいいですね♪

IC6CL70L_6_______552dc6acbe972
他社インクでも70という数字のインクが
出ているようですが
エプソン用とカタカナで記載していたり
互換と書かれています。

純正インクの特徴

71FYRRDUTHL._SL1500_
70型インクは染料インクです。

水っぽいのが特徴で
写真印刷などに向いています。

エプソン独自に開発した「つよインク」が採用されて
以前のインクと比べ「水」や「オゾン」「光」に
とても強くなりました。
tuyo

アルバムに保存していると「200~300年」
色落ちしないといわれています。

スポンサードリンク

関連記事


使用上の注意点

インク

インク交換時、まず使ったインクから
残量インクが飛び散らないように
キャップをつけます。

インクさし直し976A3

新しいインクを差し込むときも
しっかりと押し込み、周りと比べ
飛び出していないかきちんと確認します。

innku

新しいインクには底の部分や
ICチップに触れないようにしましょう。

互換インクについて

純正インクは品質がいい代わりに
それなりの値段がします。

そのかわり保証もあって
インクが使えないときも、しっかり対応してくれます。

インクサイズも以前と比べ
小さくなりましたが、ヘッドも年々改良して
無駄なインクが出ないようになっているため
コンパクトになっても、印刷できる枚数は同じです。

そもそもプリンター業界は
本体を原価同等の値段で販売し
インクや用紙で利益を得ています。

それでも業者で写真印刷を頼むより
自宅で印刷するほうが断然お得です。

他社インクでは値段が安いので
つい魅力的に感じますが
他社インク使用からの「目詰まり」「非認識」などの
トラブルは後をたちません。

私の友達にも、互換インクを多用し
プリンターが何度もダメになったと聞きいたことがありあます。

また印刷品質も純正と全然違うため
写真印刷重視する方は、絶対に純正のがいいです。

まとめ

・EP-805Aは70型インク
・さくらんぼと純正という文字が目印
・交換時はICチップに注意
・他社インクよりも純正インクおすすめ

純正インクも安く手に入るかも。
エプソン純正インクが激安で手に入る方法のまとめ。

スポンサードリンク

よく読まれる人気コンテンツ

サブコンテンツ

このページの先頭へ