エプソンプリンターEP-702Aの純正インクの型番と特徴。気をつけるべき注意点


tm_1212ep-805a_19

インクが切れて、量販店に行くと
数多いインクを目の前にして
どのインクを買えばいいか
一瞬でわからなくなりますよね。笑

また、インクの値段のバラつきも
気になることありませんか。

ここではEP-702Aに対応している
インクのみについて、詳しく説明しています。

スポンサードリンク

関連記事

EP-702Aのインク型番は

71e1X2cKA3L._SL1500_

インクの型番は正式に言うと、以下の通りです。
・IC6CL50(全6色セット)
・ICBK50(ブラック)
・ICM50 (マゼンタ)
・ICC50 (シアン)
・ICY50 (イエロー)
・ICLC50(ライトシアン)
・ICLM50(ライトマゼンタ)

箱にはアルファベットでEPSON
記載してあり、純正という文字が必ず入っています。

たくさんありすぎて覚えれない!
という方のために、簡単に見つける方法があります。

パッケージには風船の写真が印刷されています。
これは型番によって写真が違うため
EP-702Aの対応インクは風船!と覚えといいです。

また50の数字は、インクの型番をさしていて
ICLM50⇒50型のライトマゼンタ
という意味なのです。
(以下:50型インク)

別の数字のインクはEP-702Aに対応していません。

ダウンロード (2)
なんと純正インク以外にも
50型インクと記載しているものがあります。

カタカナでエプソン用と書いてるので
これは他社インクですね。

純正インクの特徴

71Z7W7H9V2L._SL1500_

50型インクは染料タイプです。

写真の印刷に向いていて
光沢感が出やすい水っぽいインクです。

純正インクの特徴といえば
「つよインク」です。

これはエプソン独自で開発したもので
水、オゾン、光などに強くなりました。

他社インクと比べ、色持ちは
純正インクが上です!!
tuyo
以前のエプソン純正インクと比べても
このくらい差がでます。

アルバム保存だと200~300年
色持ちするといわれています。

何世代にもわたって色あせない
ご先祖が見られることでしょう。笑

スポンサードリンク

関連記事


使用上の注意点

インク交換
50型インクは6種類ありますが、
・ICC50のシアン
・ICLC50のライトシアン

・ICM50のマゼンタ
・ICLMのライトマゼンタ

この組み合わせは見間違えが多いため
よく確認してください。

無題
交換するときには必ず
黄色いテープを、必ずはがしましょう。
基盤には指を触れないようにしてください。

インク交換
差し込むときは、きちんと押し込み
他のインクと比べ、飛び出していないか
チェックしましょう。

非認識エラーに繋がります。

互換インクについて

shi-ic50

同じインクなのに、純正インクと値段が
違いすぎて戸惑う方もいると思います。

そもそもプリンター業界は
本体を原価と変わらない値段で提供し
用紙や、インクで利益を得えています。

そのため純正インクのほうが
割高なところもありますが
お店で写真印刷頼むより断然安く、高品質です。

またつよインクでない他社インクの
印刷品質は低く、写真印刷をよくする方には
絶対にお勧めできません。

純正インクはエプソンの保証付きですが
他社インクは自己責任になります。

インクが安くても
頻繁に故障すれば困りますよね。

なるべく純正インクを使ってください。

まとめ

・EP-702Aは50型インク
・風船とEPSON、純正という文字が目印
・交換時の取り扱いに注意
・なるべく純正インクを使いましょう

純正インクも安く手に入るかも。
エプソン純正インクが激安で手に入る方法のまとめ。

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ