エプソンプリンターEP-803A純正インク型番。使用上の注意と特徴まとめ。


tm_1212ep-805a_19

インクを買いにきたけど
あの機種にあうインクはどれ!?w
と、量販店で迷ったことありませんか。

今は他社インクも含め
たくさんの種類のインクが、販売されています。

間違ったインクを購入すれば
プリンターはインクを認識せず
お金もムダになってしまいます。

ということで、この記事では
EP-803Aのインク型番や、純正インクの特徴を
分かりやすくまとめてみました。

スポンサードリンク

関連記事

EP-803Aのインク型番は

71e1X2cKA3L._SL1500_

EP-803Aのインクは以下の通りです。
・IC6CL50(全6色セット)
・ICBK50(ブラック)
・ICM50 (マゼンタ)
・ICC50 (シアン)
・ICY50 (イエロー)
・ICLC50(ライトシアン)
・ICLM50(ライトマゼンタ)

インクの型番には
ICYのYはイエロー、ICLMのLMはライトマゼンタなど
カラーの頭文字が略されています。

50という数字は、50の型番という意味があり
例:ICBK50⇒50型のブラック
ということが分かります。

この数字が違うインクだと、使えません。

パッケージにカラフルな風船の写真があり
アルファベットでEPSONと記載し
「純正」と書かれているのが
純正インクの見分け方です。

ダウンロード (2)
同じ50型でも、上記画像のように
エプソン用とカタカナで記載しているものは
他社製インクなので、注意です。

純正インクの特徴

71Z7W7H9V2L._SL1500_

50型インクは染料で
水っぽいインクが特徴です。

光沢感が出るため、写真印刷に優れます。

純正インクならではの特徴は
エプソン独自に開発した「つよインク」です。

色あせの原因になる、オゾンや、光
水にも以前のインクに比べ強くなりました!

tuyo
アルバム保存では、
200~300年も色落ちしないと言います。

思い出は何世代にも渡って
綺麗な状態で、残していきたいですよね。

スポンサードリンク

関連記事


使用上の注意点

無題
取り換え時には黄色いテープを、必ずはがし
側面にある基盤には、触れないようにしましょう。

innkusetto
差し込みもしっかりと押さえます。

隣のインクと比べ、
飛び出していないか、確認しましょう。

インクカートリッジ
50型インクは6種類ありますが、
・ICC50のシアン
・ICLC50のライトシアン

・ICM50のマゼンタ
・ICLMのライトマゼンタ

この組み合わせは見間違えやすいため
間違わないでください。

互換インクについて

プリンター業界は、本体を原価同等の値段で
販売し、インクや用紙で利益を上げます。

そのため互換インクを販売している
他社インクに比べ、値段が高いのも事実です。

しかし、他社インクにはつよインクのような
品質性能はなく、質の悪い印刷結果や
目詰まり、インクの非認識など
トラブルを多発させやすいようです。

使用するには自己責任になります。

以前他社メーカーに問い合わせると
「エプソンがこのインクによる
トラブルといえば、修理費を保障する」

というようなことを言われました。

が、実際エプソンでは他社インクが動作対象外なため
「使えるのかも分からないから、インクが原因だと
断言はできない」
と言われました。

それ以来、他社インクは購入していませんが
純正インクでトラブルが起きたときは
新品のインクを送ってくださったりと
エプソンにはとても親切な対応を、してもらいました。

(純正インクは保障ついているので
当たり前といえば、当たり前ですがw)

以上な流れもあり、私は純正インクを
絶対におすすめします!!

まとめ

・EP-803Aは50型染料インク
・風船と純正の文字、EPSONのロゴが目印
・インクの見間違いは気を付けて
・純正インクが一番!!

いくらインクが安いでも
頻繁に修理になれば、意味がありません。

純正インクも安く手に入るには・・・
エプソン純正インクが激安で手に入る方法のまとめ。

スポンサードリンク

よく読まれる人気コンテンツ

サブコンテンツ

このページの先頭へ