キャノンプリンターピクサスMG7730Fの純正インク型番 交換時の注意点とコスト紹介。


今は一本ずつ独立している
独立型のインクが増えましたね。

そのおかげで、本当になくなった
色だけを交換すればいいので
コストが抑えられます。

しかし、インクは色んな種類
メーカーがあるため、悩むのも事実です。

ここでは、MG7730Fのインク型番や
コスト面について、分かりやすく紹介します。

スポンサードリンク

関連記事

MG7730Fのインク型番とコストの比較

0732C003_1

・BCI-371(BK/C/M/Y/GY)+370(6色マルチパック)
・BCI-371BK(染料ブラック)
・BCI-371M(染料マゼンタ)
・BCI-371Y(染料イエロー)
・BCI-371GY(染料グレー)
・BCI-370PGBK(顔料ブラック)

719wfG9httL._SY355_


・BCI-371XL(BK/C/M/Y/GY)+370XL(大容量6色マルチパック)
・BCI-371XLBK(大容量染料ブラック)
・BCI-371XLM(大容量染料マゼンタ)
・BCI-371XLY(大容量染料イエロー)
・BCI-371XLGY(大容量染料グレー)
・BCI-370XLPGBK(大容量顔料ブラック)

語尾のアルファベットは、カラーの頭文字です。
型番名の隣に「XL」がつくと、大容量タイプです。

インクのコストについて

L版フチなし写真印刷をした場合のコストは・・・
標準タイプ・・・約22.6円
大容量タイプ・・約15.8円

大容量タイプのほうだと
一枚当たりの印刷コストが安くなってますね。

よく使用する方には、
大容量タイプをお勧めします。

インクの特徴

features01-01

MG7730Fは、6色で染料と顔料のインクを
同時に使うのが特徴です。

顔料は水に強く、普通紙や、ハガキの宛名など
文字文章に適しています。

染料は水に馴染みやすく光沢感がでるため
写真印刷などに適しています。

印刷する際の設定や、用紙を感知して
顔料インクと染料インクの量を調整し
印刷に適した、最もいい品質で印刷をします。

互換インクのリスク

713B3BRae0L._SY355_

プリンター業界は本体を
原価同等の値段で販売し、インクや用紙で
利益を得る仕組みなため
どうしてもインク代が高く感じます。

そこで値段の安い互換インクで
購入を検討したことありませんか?

しかし私は互換インクおすすめしません。

互換インクを使って
プリンターが故障してしまった人を
何人もみてきたからです。

互換インクではノズルの詰まりを引き起こしたり
印刷の度にヘッドクリーニングをして
インク吸収体が満杯になるのを早めたり
詰め替えタイプだと、詰め替えてもインクがないと
誤認識されたり・・・。

ネット上でも、トラブル報告は多いと思います。

プリンターに不具合が発生したたびに
買い替える方はいいと思いますが
長く愛用したい方は、互換インクは避けましょう。

スポンサードリンク

関連記事


純正インクの見分け方

とはいっても、量販店でのインクコーナーでは
様々なメーカーのインクが置かれている為
間違えて、互換インクを購入するかもしれません。

純正インクの見分けを調べてみました。
ダウンロード (1)

パッケージにキヤノンロゴ(Canon)がなく、
「キヤノン用」「キャノン用」と
表示されている消耗品は
キヤノン純正品ではありません。

純正品には必ず、「純正」という文字が
書かれているはずなので
それを探すのも一つの手です。

インク交換時の注意点

新品のインクには、インクが漏れないように
しっかり梱包がしてあります。

全てはがさないと、認識されなかったり
故障の原因にもなるため

しっかり確認しましょう。

G0138661

取りだしたインクについてある
透明の保護テープは外します。

G0213585

Yと書かれている空気溝には
指が当たらないようにしましょう。

G0213586
オレンジ色の保護キャップは
最後に取り外します。

G0213587
差しこむときは、斜めに差し込み
カチっと音が出るまでしっかり押します。

あとは蓋をしめ、これで完了です!

まとめ

・MG7730FはBCI-371+370のインク型番
・染料と顔料が両方あるインク
・よく使う方は大容量タイプがおススメ
・互換インク使用はおすすめしない
・Canonロゴや、純正の文字が純正品の見分け
・インク交換時には無駄な所には触れず
しっかりと差しこむのが大事

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ