エプソンプリンターEP-978A3!インクの型番や特徴、サービスの紹介。


ph_visual

エプソンからついに
新製品の発表がされました。

だいたい年に一度のペースで
プリンターは新しくなります。

今回も高機能かつ便利なプリンターが
沢山でています。

ということで今回は
EP-977A3の後継機種、
「EP-978A3」を紹介します!

スポンサードリンク

関連記事

EP-978A3とは

3484fd5b-b416-482f-be48-0c80afe9d854._V310647955__SR285,285_
EP-978A3はEP-977A3の
後継機種になります。

見た目は大きな変化がありませんが
なんだかスッキリしてるように感じます。

が、NFCが対応するという
便利機能が追加されています!

※NFCとは・・・
通信距離は10cm程度に限定されますが、
「かざす」だけで、誰でも簡単にデータ通信が可能になる
便利な無線機器のことです。
01_img02

NFCを使っている企業さんも多いと思うので
これで文章印刷や、写真印刷も
手軽に印刷ができます。

印刷コストでいえば
EP-805Aシリーズまでの
機種を使っている方は、買い替えると
1枚あたりの印刷コストが、お得になります。

インクの型番

4190349017_001

インクの型番はEP-977A3時と変わらず
とうもろこしパッケージが目印の、80型インクです。

正式なインク型番は以下の通りです。
標準カートリッジ
・ICBK80 (ブラック)
・ICC80(シアン)
・ICM80(マゼンタ)
・ICY80(イエロー)
・ICLC80 (ライトシアン)
・ICLM80 (ライトマゼンタ)
・IC6CL80(6色パック)

71XJYRork5L._SL1500_
増量カートリッジ
・ICBK80L(ブラック)
・ICC80L (シアン)
・ICM80L (マゼンタ)
・ICY80L (イエロー)
・ICLC80L(ライトシアン)
・ICLM80L(ライトマゼンタ)
・IC6CL80L(6色パック)

印刷コストについて・・・

A3を沢山印刷する方は
増量タイプをすすめます。と
エプソンは書いていますが。。。

80型インクは1枚あたりのコストが
約25.5円に対し、増量タイプだと約19.9円です。

私ならA3を印刷しなくても
1枚当たりのコストが安い
増量タイプを購入します。

スポンサードリンク

関連記事


充実した保守サービス

00675840_01

今更買い替えて
一から設定するのが・・・。

と誰もが面倒なのが、初期設定です。

そこでアフターサービスが高評価な
エプソンのサービスを
いくつか紹介したいと思います。

1、おたすけサービス
自宅まできていただき
製品開梱からドライバーインストール
トラブル診断、無線LAN環境など・・
すぐに印刷ができる状態までしてくれます。

料金:9,334円~(税別)

2、ホームレッスン
初めてのプリンターの方でも大丈夫!
ホームレッスンは、プリンターの機能をフル活用し
いろんな使い方を、訪問して教えてくれます。

便利機能を知ると
印刷がもっと楽しくなりますね。

料金:9,334円~(税別)

m_04050-3155-8666
1006323

3、遠隔サポートサービス
電話ひとつで、インターネットを通じて
エプソンの方が、遠隔で設定をしてくれるサポートです。

料金も比較的安く、訪問と違いすぐに設定できる事から
手軽にできるサービスです。

料金: 1,867円~(税別)
クレジットカードでの決済になります。

m_04050-3155-8888
1006323

買い替えるのに不安な方も
これらのサービスを使えば
簡単に使いこなせます。

まとめ

・EP-977A3の後継機種がEP-978A3
・NFCが使用できるようになっている
・インクは同じく80型
・エプソンのサービス利用もおすすめ

スポンサードリンク

よく読まれる人気コンテンツ

サブコンテンツ

このページの先頭へ