エプソンプリンターEP-903Fの純正インク型番紹介!正しい取扱と注意点!


41EYRbtzHyL._AA300_

印刷をしていると、大事なところで
インク切れがおこるものです。

予備のインクを買いに
量販店にきたものの
たくさんのインクたちで、迷ってしまいますね。

プリンターは型番が違うと動かないため
慎重に購入しないといけません。

ということで今回はEP-903Fの
インク型番について紹介します。

スポンサードリンク

関連記事

EP-903Fのインク型番は

EP-903Fのインク型番は、以下の通りです。
71e1X2cKA3L._SL1500_
・IC6CL50(全6色セット)
・ICBK50(ブラック)
・ICM50 (マゼンタ)
・ICC50 (シアン)
・ICY50 (イエロー)
・ICLC50(ライトシアン)
・ICLM50(ライトマゼンタ)

junsei-ic6cl51
・IC6CL51(全6色セット)
・ICBK51(ブラック)
・ICM51(マゼンタ)
・ICC51 (シアン)
・ICY51 (イエロー)
・ICLC51(ライトシアン)
・ICLM51(ライトマゼンタ)

50,51の数字は、型番号を示しています。
51型は少量タイプです。
・ICBK50⇒50型のブラック
・ICBK51⇒51型のブラック

という意味です。

違う数字だとプリンターは動きません。

ダウンロード (2)
他社インクでも50型と
明記しているものがあります。

純正インクと間違えやすいですが
見分けるポイントを紹介します。
1、パッケージに純正の文字がある
2、EPSONとアルファベットで記載
3、「風船」と「こんぺいとう」のイメージ画

この部分に注目してみると
他社インクと純正インクを、簡単に見分けれます。

純正インクの特徴

71Z7W7H9V2L._SL1500_

50、51型のインクは染料タイプです。

水っぽいインクなので、用紙に溶け込みやすく
光沢感がある用紙だと、綺麗な光沢感を表現できます。

印刷の仕上がり具合も
明るくて鮮やかなイメージになります。

純正インクならではの特徴は
エプソンが独自に開発した「つよインク」です。

これにより、染料インクが弱点になっている
「水」「オゾン」「光」に強くなり
他社インクより、かなり保存性に優れています。

tuyo

アルバム保存ではなんと!
200~300年も、色持ちするといわれています。

スポンサードリンク

関連記事


使用上の注意点

インクの使用上の注意です。
無題

新品のインクに付いている
黄色いテープは必ずはがします。

innkusetto

インクの差し込みはしっかりと。

差し込み方によっては、カチと音がでないため
目で回りのインクと比べ
他にインクが飛び出していないか、確認しましょう。

互換インクについて

ink.comparison

互換インクは値段も安く
一度は気になりますよね。

しかし、インクトラブルは
圧倒的に他社インクのほうが、多いようです。

プリンターの頻度が少なく
ヘッドクリーニングをいつも頻繁にし
インクの減りが早い。と感じる方は

プリンターを月に一度、
1枚だけでいいので、印刷をしてください。
目詰まり予防になります。

値段が安くても
プリンターが故障してしまえば
意味がありません。

お店で印刷を依頼するより
純正インクは安いですよ。

まとめ

・EP-903Fは50、51型
・純正とEPSONの文字が目印
・風船とこんぺいとうのイメージ画
・他社インクはトラブルが多い

純正インクも安く手に入るかも。
エプソン純正インクが激安で手に入る方法のまとめ。

スポンサードリンク

よく読まれる人気コンテンツ

サブコンテンツ

このページの先頭へ