エプソンプリンターEP-902Fの純正インク型番と注意点。正しい取り扱いをしよう!


41EYRbtzHyL._AA300_

プリンターを使っているうえで
インクはどんどん消費します。

何度も買いに行くのは面倒だからと
買いだめしませんか?

しかし、機種が古くなっていくと
量販店では対応インクを
隅っこのほうに移動させられたり。
ひどいときは、取り扱っていないときもあります。

使えるインクがすぐ見つからないと
どのインクが使えるんだっけ?と
一瞬で迷ってしまいますよね。

ということで今回は
EP-902Fの使えるインク型番を
再認識してもらうために
この記事でまとめてみました。

スポンサードリンク

関連記事

EP-902Fのインク型番は

EP-902Fで使える型番は、以下の通りです。
71e1X2cKA3L._SL1500_
・IC6CL50(全6色セット)
・ICBK50(ブラック)
・ICM50 (マゼンタ)
・ICC50 (シアン)
・ICY50 (イエロー)
・ICLC50(ライトシアン)
・ICLM50(ライトマゼンタ)

junsei-ic6cl51
・IC6CL51(全6色セット)
・ICBK51(ブラック)
・ICM51 (マゼンタ)
・ICC51 (シアン)
・ICY51 (イエロー)
・ICLC51(ライトシアン)
・ICLM51(ライトマゼンタ)

50や51の数字は型番号を表しています。

ICBK50⇒50型のブラック
ICBK51⇒51型のブラック(少量タイプ)

ということです。

50型インクには「風船」
51型インクには「こんぺいとう」
イメージ画がついています。

EP-902Fのインクは風船かこんぺいとう
覚えるのもいいですね。

ダウンロード (2)

50型と明記してあるインクは
他社インクにもあるようです。

純正インクと間違わないよう
以下の点を注意してみましょう。

~純正インクのパッケージ特徴~
・パッケージに純正と書いてある
・EPSONとアルファベット明記
・イメージ画が(こんぺいとうや風船)ある

これさえ注意して見れば
他社インクとの違いを見分けるのは簡単です。

純正インクの特徴

71Z7W7H9V2L._SL1500_

50型も51型も染料タイプのインクです。

染料インクは、水っぽいインクなのが特徴で
印刷の仕上がりが、全体的に明るいです。

写真の印刷に長けたインクです。

また純正インクは、エプソン独自に開発した
つよインクを採用してます。

以前のインクと比べて、「水」「オゾン」「光」
強くなり、とても保存性に優れています。
tuyo

アルバム保存ではなんと、
200~300年は印刷状態が保たれます。

スポンサードリンク

関連記事


使用上の注意点

インク交換時の取扱い注意点です。
無題
新しいインクについている
黄色いテープは必ずはずしましょう。

側面についているICチップの基盤には
指を触れないように取り扱います。

innkusetto

インクはしっかりと差しこみます。

押し方によっては、カチという音がでないため
周りのインクと比べて、浮いていないか
目でもしっかり確認しましょう。

インクカートリッジ
意外と多い間違いは、カラーの見間違えです。

特に、ICC50/51とICLC50/51
ICM50/51とICLM50/51

見間違えしやすいため
本当に必要なカラーは何色なのか?

今一度確認しましょう。

互換インクについて

ink.comparison

プリンター業界は本体を原価と
変わらない値段で提供し
インクや用紙で、利益を得る商売方法です。

そのため、他社インクと比べ
割高に設定されていますが
お店で写真印刷を依頼するより、断然安いです。

また互換インクにはトラブルが多いわりに
保証面が充実していません。

量販店特有の長期保証が、互換インク使用からだと
適応されない事もあるようです。

安くてもトラブルが多く
保証がない他社インクと

少し高くても、トラブルも少なく
保証がある純正インク

あなたはどちらを選びますか?

まとめ

・EP-902Fは50型と51型
・目印は風船とこんぺいとうと純正の文字
・インクの取扱い注意
・互換インクは保証が適応されないことも

純正インクも安く手に入るかも。
エプソン純正インクが激安で手に入る方法のまとめ。

スポンサードリンク

よく読まれる人気コンテンツ

サブコンテンツ

このページの先頭へ