エプソンプリンターEP-907Fの純正インク型番。見分け方・特徴まとめ。


tm_1212ep-805a_19

インクが切れたため近くの量販店に
買いにきたけれど。。。思った以上に
インクの種類があって迷うことありますよね。

純正インクでもかなりの種類がありますが
機種によって使えるインクは、限られています。

ということでこの記事では
EP-907Fのインク型番と特徴について
分かりやすく紹介しています。

スポンサードリンク

関連記事

EP-907Fのインク型番は

4190349017_001

EP-907Fのインクは下記のとおりです。
標準カートリッジ
・ICBK80 (ブラック)
・ICC80(シアン)
・ICM80(マゼンタ)
・ICY80(イエロー)
・ICLC80 (ライトシアン)
・ICLM80 (ライトマゼンタ)
・IC6CL80(6色パック)

増量カートリッジ
・ICBK80L(ブラック)
・ICC80L (シアン)
・ICM80L (マゼンタ)
・ICY80L (イエロー)
・ICLC80L(ライトシアン)
・ICLM80L(ライトマゼンタ)
・IC6CL80L(6色パック)

80の右隣にLがつけば、増量タイプです。

セット価格が標準の倍近くしますが
一枚当たりのコストは、増量タイプのほうが安いです。

たくさんプリンターを使用する方は
増量タイプがいいですね。

80という数字は型番号をさしています。
ICBK80⇒80型のブラック
ICBK80L⇒80型の増量ブラック

という意味です。

数字が違うと、使えないので
必ず80型を選びます。
91ng0hj+iaL._SX425_
他社インクでも80型を
記しているものがありますよね。

純正インクとの見分け方は
・パッケージにとうもろこしの写真があるか
・純正の文字があるか
・EPSONとアルファベットで書かれているか

この部分を見れば、簡単に見分けれます。

“とうもろこし”は80型インクのイメージ画なので
EP-907Fのインクは「とうもろこし」
覚えるのもいいですね!

純正インクの特徴

71XJYRork5L._SL1500_

80型インクは染料タイプです。

染料インクは水っぽいのが特徴で
印刷の仕上がりに光沢感がでます。

同時に水にとても弱いのが難点でしたが
エプソンの純正インクでは
独自に開発した「つよインク」を採用しています。

つよインクになった事で、
「水」「オゾン」「光」に、とても強くなりました。
tuyo

アルバム保存では200~300年も
保存状態が維持されます!!

これは純正インクならではの強みです。

スポンサードリンク

関連記事


使用上の注意点

インク取扱いでの、注意点です。
インク
使用済みのインクには
しっかりとフタをしましょう。

わずかに残っているインクが
飛び散る事があります。
(体験談)

innku
インクにはそれぞれ
ICチップが組み込まれています。

誤認識を起こさないためにも
赤枠部分には触れないようにしましょう。

インクさし直し976A3
新しいインクはしっかりと差しこみます。

押し方によっては、カチという音が出ないため
周りのインクと比べ、飛び出していないか
目でもしっかりと確認しましょう。

互換インクについて

ink.comparison

互換インクは値段が安いですが
エプソンの動作対象外製品です。

量販店特有の長期保証でも
他社インクによるトラブルは
保証しない所もあります。(販売しているのに)

ネットでも、エプソンの修理センターに問い合わせても
他社インク使用からくるトラブル報告は
毎年後を絶たないそうです。

他社インクと比べれば純正インクは高いですが
お店で写真印刷を依頼するより、断然お得です。

トラブルも少なく、保障もあって
高品質な純正インクを私はオススメします。

まとめ

・EP-907Fのインクは80型
・目印はとうもろこしと純正の文字
・取扱いには注意を払って
・無難なのは純正インク

純正インクも安く手に入るかも。
エプソン純正インクが激安で手に入る方法のまとめ。

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ