エプソンプリンターEP-905Aの純正インク型番と、使用上の注意点&特徴。


tm_1212ep-805a_19

インクがなくなると皆さんは
どこから購入していますか?

ネットや、近くの量販店でも
インクの数はものすごいですよね。

私でも迷うことがあります。

この記事ではEP-905Aの
インク型番をはじめ、純正インクの特徴や
注意点を分かりやすく紹介してます。

スポンサードリンク

関連記事

EP-905Aのインク型番は

ph_visual_cont_214_02_01

EP-905Aのインク型番は以下の通りです。
標準カートリッジ
・ICBK70 (ブラック)
・ICC70(シアン)
・ICM70(マゼンタ)
・ICY70(イエロー)
・ICLC70 (ライトシアン)
・ICLM70 (ライトマゼンタ)
・IC6CL70(6色パック)

増量カートリッジ
・ICBK70L(ブラック)
・ICC70L (シアン)
・ICM70L (マゼンタ)
・ICY70L (イエロー)
・ICLC70L(ライトシアン)
・ICLM70L(ライトマゼンタ)
・IC6CL70L(6色パック)

同じパッケージでも70の隣にLがあれば
増量タイプのインクです。

写真印刷などをたくさんする方は
増量タイプをオススメします。

また70という数字は型番号をさしていて
ICBK70⇒70型のブラック
ICBK70L⇒70型の増量ブラック

という意味があります。

違う数字だとプリンターは起動しないので
必ず70型を選びましょう。

IC6CL70L_6_______552dc6acbe972
他社インクでも70型と、明記しているインクがあります。

パッケージにさくらんぼの写真。
純正という文字、EPSONとアルファベットで記載。

という部分を見れば、純正インクなのか
他社インクなのか、簡単に見分けます。

さくらんぼの写真は70型のイメージ画なので
EP-905Aのインクはサクランボ!
覚えるのもいいですね。

純正インクの特徴

71FYRRDUTHL._SL1500_
70型は染料インクです。

染料は水っぽいインクなのが特徴で
印刷の仕上がり具合にも、光沢感が出て
全体的に明るく見えます。

写真印刷に向いているインクですね。

また純正インクならではの
「つよインク」を採用しています。

つよインクは色落ちの原因にもなる
「水」「オゾン」「光」の耐久性に優れていて
長期の保存が可能になります。
tuyo
アルバム保存だと200~300年も
色落ちせず、そのままと言われています。

スポンサードリンク

関連記事


使用上の注意点

インクの正しい取り扱い方です。
インク
交換の際、使い古したインクに
しっかりとフタをしましょう。

残っているインクが、飛び出ることもあります。

innku

インクにはそれぞれICチップがあります。

誤作動を起こさないためにも
赤枠部分には、指が触れないようにしましょう。

インクさし直し976A3

新しいインクはしっかり差し込みます。

押し方によっては、カチと音がでないので
周りのインクと比べ、きちんと差し込まれているか
目で確認しましょう。

互換インクについて

ink.comparison

プリンター業界は、本体を安価で提供し
インクや用紙で利益を得る商売方法です。

そのため他社インクと比べ
純正インクは高値に見えますが
お店で写真印刷を依頼するより、断然安いです。

また他社インク使用からくるトラブルは
量販店の長期保証でも、適応できないことがあります。

安くても、トラブルが多発しては
意味がありません。

保証期間中の方、プリンターの故障が気になる方
いつまでも綺麗な写真を残したい方は

純正インクを使いましょう。

まとめ

・EP-905Aのインクは70型
・純正の見分けはさくらんぼと純正の文字
・とりあつかいに注意
・保証期間中は純正インクをオススメ

純正インクも安く手に入るかも。
エプソン純正インクが激安で手に入る方法のまとめ。

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ