エプソンプリンター【EP-704A】純正インクについて。型番と使用上の注意


tm_1212ep-805a_19

インクがなくなったので
量販店に行ってみると
いろんな種類のインクに、値段も違うため
迷ってしまうことありませんか?

違ったインクや、対応していないインクを使えば
プリンターが故障したり、認識しません。

そこでこの記事では、EP-704Aの
純正インクについてまとめました。

スポンサードリンク

関連記事

EP-802Aのインク型番は

71e1X2cKA3L._SL1500_
EP-704Aのインク型番は以下の通りです。
・IC6CL50(全6色セット)
・ICBK50(ブラック)
・ICM50 (マゼンタ)
・ICC50 (シアン)
・ICY50 (イエロー)
・ICLC50(ライトシアン)
・ICLM50(ライトマゼンタ)

50という数字は、「50型」という意味で
例:ICBK50は50型のブラックと言います。

ダウンロード (2)

他社インクでも、50型を明記したものがあります。

純正インクを見極めるポイントは
パッケージにEPSONとアルファベットで
表記されているか、純正という文字があるかです。

純正インクでも、たくさんのインク種類がありますが
パッケージに風船の写真があれば
50型インクという証拠です。

インク型番それぞれに、イメージ画があり
他の型番ではイルカやさくらんぼなど、写真が違います。

EP-704Aのインクは「風船」
と覚えるのもいいですね♪

純正インクの特徴

71Z7W7H9V2L._SL1500_
純正インクは染料で、写真印刷に向いています。

水っぽいインクで、光沢感が出るため
全体的につやつやした感じに仕上がります。

また純正インクなではの特徴は
エプソン独自に開発した「つよインク」です。
水やオゾン、光に強くなり保存に優れていています。
tuyo

アルバム保存すれば、その品質は
200~300年先まで持つといわれています。

スポンサードリンク

関連記事


使用上の注意点

無題
インクを交換するとき、
黄色いテープを、必ずはがしましょう。

インク交換
差し込むとき、しっかりと押し込み
他のインクと比べ、飛び出していないか確認します。
インク交換
50型インクは6種類ありますが、
・ICC50のシアン
・ICLC50のライトシアン

・ICM50のマゼンタ
・ICLMのライトマゼンタ

この組み合わせは見間違えやすいため
本当にない色は何色なのか、しっかり確認しましょう。

互換インクについて

ink.comparison

互換インクは他社インクのため
エプソン用と書かれていてもEPSON側は
「使える」と断言していません。

また、純正インクに比べて
他社インクはトラブルが多いようです。

目詰まりも起こりやすく
ヘッドクリーニングを頻繁にし
廃インク吸収パッドを早く限界に近づけます。

印刷品質や、保存に優れてないぶん
他社インクは確かに安いです。

しかし頻繁に故障しやすいのも含め
品質、保証を重視してる人にはお勧めできません。

まとめ

・EP-704Aのインクは50型
・目印は風船と純正の文字
・色の見間違えにも注意

純正インクも安く手に入るかも。
エプソン純正インクが激安で手に入る方法のまとめ。

スポンサードリンク

よく読まれる人気コンテンツ

サブコンテンツ

このページの先頭へ