エプソンプリンターエラーPX-045A[色が出ない]他の対処法


img_3_03

印刷をしていると、色が急にでなくなったり
急に線が入ったりすることがあります。

正しい方法で対処しないと
改善するどころか、故障してしまいます。

と言うことで今回は、PX-045Aの
インクトラブルについて
正しい対処方法を紹介します。

スポンサードリンク

関連記事

ノズルチェックは正常?

印刷結果に支障がでたとき
ノズルチェックで、インクが出ているか確認します。

ほとんどがインクの目詰まりによる
印刷不良が多いです。

images
上記の画像は、ノズルチェックが正常なときです。

線が少しでも欠けていると
その色が正常に出ていないという事です。

色がでないときは、ヘッドクリーニングで
インクの詰まりを取り除きます。

ノズルチェックで様子を見ながら
ヘッドクリーニングを最大4回まで行います。

4回実施して、ノズルチェックが正常にならない時は
電源を切って6時間以上放置してください。

詰まっているインクを
機械の余熱で溶かすのが狙いです。

目詰まりが発生する原因として
長期間の放置が一番いけません。

プリンターは最低でも月1回ペースで
起動してあげましょう。

インクは純正?

images

純正インクを使用している方より
他社インク使用しているプリンターのほうが
目詰まりになりやすいようです。

今使っているインクは、純正品ですか?

エプソン用と記載しているインクは他社インクです。
間違えやすいので、注意してください。

純正インクが高いよ!て方は
ノズルチェックで出ていない色だけでも
純正インクに変えましょう。

セットで買うより、単品だと金額も少なくて済みます。

インク関連記事はこちら
エプソン純正インクが激安で手に入る方法のまとめ。

スポンサードリンク

関連記事


用紙の問題も・・・

415LX7cc97L._SX300_

稀に、ノズルチェックが正常だけど
印刷の色味が調子悪い・・・。という意見をききます。

それは用紙の問題かもしれません。

特に写真印刷は用紙によって
見え方が大きく変わります。

いまいち色味がぱっとしないときは
用紙の種類を変えることも大事です。

目詰まりが治らない

プリンターを6時間放置しても
目詰まりが改善できないときは、ヘッドの故障です。

故障している状態でヘッドクリーニングをしても
意味がないため、修理か買い替えか検討します。

修理費は決められていて
定額修理7000円+送料です。

修理センターで一度預かり
約1週間~10日前後で自宅に届きます。

修理方法の関連記事はこちら
エプソンプリンタが不具合。修理期間と修理手順の基礎知識。
エプソンプリンター修理・その他お問い合わせ先一覧。

まとめ

・色味がおかしいときはノズルチェック
・最大4回のヘッドクリーニングと6時間放置
・改善なければ定額7000円の修理も可能
・インクも用紙もなるべく純正で

PX-045Aは相場が5000円ほどと安いです。
修理よりも新品購入のほうがお得ですね。

スポンサードリンク

よく読まれる人気コンテンツ

サブコンテンツ

このページの先頭へ