エプソンEP-703Aプリンターエラー紙詰まりが発生した時の対処法


プリンターを使用しているうえで
一番多いトラブルが、紙詰まりエラーです。

簡単に取り除ける場合はいいのですが
紙詰まりが頻発したり
用紙がないのにエラーが出たりと

不具合が続けばイライラしますよね。笑

という事で今回はEP-703Aの
紙詰まりが頻発、発生した場合の
対処法を紹介したいと思います!

スポンサードリンク

関連記事

用紙が詰まった時の対処

c0240934_65250671

紙詰まりが発生した時の対処です。

・見えるけど引っかかって取れない
見えてる部分が大きい方をつまみ
交互にずらしながら引っ張ります。

・取り出す時に千切れて破片が見える
かなり細かい破片になった場合は
ピンセットを使いましょう。
案外取り出せます。

・大量に給紙された
全部を引き抜きたくなりますが
びくともしない場合は
間の用紙から、一枚ずつ抜いていきましょう。

用紙が見当たらない

紙詰まりしたはずなのに
用紙が見当たらないケースもあります。

見落としがちな部分も含め
紙詰まり時に確認したい場所を
まとめてみました↓↓

危険なので、電源を切ってから
確認しましょう。

・給紙部分を確認
30861_04

上から覗き込んで下さい。

・排紙部分を確認
紙詰まり8

見えづらい場合は
懐中電気など持ってきて
奥までしっかり見ましょう。

ヘッド部分の確認
紙詰まり

ヘッドは通常右奥に隠れています。

真ん中や、左にある場合は
右端の奥を確認した後
きちんと直してください。

右奥に隠れている場合でも
引っ張り出しヘッドの奥に
用紙が隠れていないかみて下さい。

意外とくしゃと隠れていることがあります。

ただし、右奥のヘッドは
無理に引っ張り出す必要はありません。
動かなければ、そのままで大丈夫です。

用紙がないのにエラーが改善なし

上記の部分を確認して
異物も取り出したが、
エラーが改善しないケースもあります。

この場合は、
・目に見えないところに、用紙が隠れているか
・紙詰まりの衝撃でセンサーが故障しているか

などが考えられ、修理の必要があります。

修理費は定額で決められており
定額修理9000円+送料です!!

修理方法の関連記事はこちら
エプソンプリンタが不具合。修理期間と修理手順の基礎知識。
エプソンプリンター修理・その他お問い合わせ先一覧。

また、プリンターには修理対応期間が
決められており
2018/3/31以降は、部品がないため
修理が受付できません。

スポンサードリンク

関連記事


印刷時にエラーが発生

上記のほかにも
印刷が始まろうとする時に
エラーが発生するケースもあります。

この場合は
1、ローラーの摩耗
2、紙粉(しふん)の付着で給紙不良

の事が考えられます。

ローラーの摩耗は
修理じゃないと改善しません。

紙粉の場合、用紙の粉が
ローラーにたくさんついて給紙不良を
引き起こしているだけなので
軽い清掃で改善することがほとんどです。

31487_05
用紙をセットする給紙部分の隙間に
手を入れ込み、正面から見て右手の奥に
一つ固いゴムローラー
があります。

きつく固く絞った布で清掃しましょう。

くるくる回りませんが
表面だけの清掃で充分です。

後継機種の相場

ph_visual
EP-703Aの後継機種はEP-707Aです。

一回りサイズが小さいです。

6色インク対応プリンターの中でも
一番安く、相場が10000円ほどです。

まとめ

・紙詰まり時は慎重に抜く
・ヘッド部あたりの確認は念入りに
・修理は定額9000円
・後継機種はEP-707A

EP-707Aはインクの型番が
変わるため注意しましょう。

インク関連記事はこちら
エプソン純正インクが激安で手に入る方法のまとめ。

スポンサードリンク

よく読まれる人気コンテンツ

サブコンテンツ

このページの先頭へ