エプソンPX-045Aプリンターエラーでの確認事項と解除方法


ph_visual (3)

今でも発売されている
PX-045Aは、液晶画面がありません。

そのため、ランプの点滅具合で
エラー表示を読み取る必要があります。

今回はプリンターエラーについて
紹介したいと思います。

スポンサードリンク

関連記事

プリンターエラーが出た時

本体エラー

エラー表示はパソコンでも
メッセージが出ると思いますが
本体だけで使用している場合
点滅の組み合わせで判断します。

電源ランプと右端にある
用紙、インクマークの
3つ同時点滅がプリンターエラーです。

プリンターエラーは
本体の処理動作が、何かの原因で
スムーズにできないときに発生します。

確認したいこと

・修理返却ばかり

よくある原因として、修理センターから
自宅に返却した際についている
プリンターの保護テープの取り忘れです。

運送の振動に耐えれるよう
ヘッド部までに保護テープは
はられているので、今一度
取り忘れがないか、確認してください。

・突然現れた場合
outlet_plug_in

エラーが出るとまずは電源の
入れ直しをすると思います。

その時、延長コードで使用している人は
一度壁側のコンセントにさし直す事を
おすすめします。

プリンターに限らず、精密機械は
延長コードより、壁側のコンセントのほうが
トラブル報告が少ないのです。

・異物混入の可能性

電源を切った状態で、異物の確認は
必ずしてください。

紙詰まりエラーじゃなくても
プリンター内部に用紙や異物が
詰まっている事は、多々あります。

下記の部分は確認しましょう。
31487_02
蓋をあけて用紙がないか確認します。

31487_03
ヘッドを動かし内部を見ます。

ヘッドは通常右奥にあります。
左にある場合は、右奥も確認後
きちんと移動してあげましょう。

ヘッドが動かないときは
無理に動かす必要はありません。

31487_05
給紙部分も覗き込み確認します。

スポンサードリンク

関連記事


全て確認済みでも改善なし

上記の部分をすべて確認しても
改善ない場合は、修理が必要です。

修理費は定額で決まっています。
定額修理7000円+送料です。

修理センターが近くにある方は
直接持ち込むのもいいですね。

修理方法の関連記事はこちら
エプソンプリンタが不具合。修理期間と修理手順の基礎知識。
エプソンプリンター修理・その他お問い合わせ先一覧。

またプリンターには部品保有期限が
決められており、部品保有期限終了後は
部品がないため、修理ができません。

だいたいは、販売終了してから決められるため
今もなお発売されているPX-045A
今のところ決まっていません。

年に一回は、部品保有期限が決まっているか
確認したほうがいいです。

が、本体の相場が8000円
エプソンプリンターの中でも
最安値機種なため、故障すると
買い換える人のが多いようです。

まとめ

・ランプの組み合わせで状況判断
・プリンターはなるべく壁側コンセント使用
・異物確認ではヘッド部分を念入りに
・部品保有期限は定期的にチェック

本体の価格が安いだけに
インクの価格は気になりますよね。

かといって他社インクは絶対
お勧めしません。

工夫して、効率よく純正インクを
入手しましょう!

読んで得な記事はこちら
エプソン純正インクが激安で手に入る方法のまとめ。

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ