エプソンEP-806ABの廃インク吸収パッド交換対策


K0000568471

今の時代、プリンターは一家に一台の
時代になりました。

プリンターを使用する上で
消耗品なのはインクだけと思ってたら
突如現れた「廃インク吸収パッドエラー」

この部品も消耗品の一つです。

ということで今回は
「EP-806ABシリーズ
廃インク吸収パッド」

について、紹介します。

スポンサードリンク

廃インク吸収パッドとは

廃インク吸収パッド(以下:廃パッド)とは
印刷する時や、ヘッドクリーニングの時に出る
余分なインクを吸収する、
プリンター内部の部品です。

吸収量には限界があり
いっぱいになると、交換する必要があります。

私たちの目に見えないところに
廃パッドはあるため
交換時期は2種類のエラーでお知らせします。

1、限界値に近づいている
imgc61337d6zikbzj

廃パッドが吸収量が
限界に近づいているエラーです。

プリンターがまだ動作するため
印刷しないといけないデータがある方は
先に終わらせたほうがいいです。

2、限界値に達した
p2

廃パッドの吸収量が
限界に達したエラーです。

限界に達すると、プリンターの
全ての動作がストップします。
(スキャンなども同様)

関連記事はこちら
廃インク吸収パッドの限界になる原因と、長持ちさせる秘訣。

スポンサードリンク


修理方法と料金と期間

gyokai126_01

廃パッドの交換は、自分たちで出来ません。

交換方法は、主に2つです。
ダウンロード修理センター送付
ダウンロード販売店に依頼

修理方法の関連記事はこちら
エプソンプリンタが不具合。修理期間と修理手順の基礎知識。
エプソンプリンター修理・その他お問い合わせ先一覧。

修理料金は家庭用プリンターのみ
定額で決められています。
廃パッド交換4000円+送料です。
(部品代と工賃込)

その他に不具合が見つかっても
定額修理13000円+送料です。
(廃パッドや工賃込)

修理期間は宅配業者の込み具合にも
よりますが、1週間~10日前後と
以前コールセンターの方が言っていました。

プリンター自体は、修理センターに届いて
3日営業日以内に発送されます。

知っとこ部品保有期限

販売終了になった機種は
順に部品保有期限が決められていきます。

平均販売終了から5-6年といわれてます。

EP-806ABシリーズの部品保有期限は
カラーによって違います。

・EP-806AB(ブラック)
2019/10/31です。

・EP-806AW(ホワイト)
2019/8/31です。

・EP-806AR(レッド)
2019/7/31です。

この時期をそれぞれ過ぎてしまうと
部品がないため修理ができません。

カラーによって違うため注意してください。

関連記事はこちら↓
エプソンプリンター修理。部品保有期限終了前に知っておきたい事。

同等品の相場

・EP-807ABシリーズ
ep-807a-blog-400-400-20141107-thumbnail2

EP-806ABシリーズの後継機種は
EP-807ABシリーズです。
機能や、見た目に大きな変化はありません。
ネットワークも対応してて
家庭用プリンターでは、多機能な機種です。

相場は15000円ほどです。

まとめ

・廃パッドは消耗品で交換が必要
・交換は定額で1週間ほどかかる
・部品保有期限はカラーによって違う
・後継機種はEP-807AB

EP-80~シリーズはエプソンのカタログをみても
「迷うならコレ!」と一押ししている
定番で高機能な機種です。

お値段もお手頃で、一番の売れ筋モデルです。

私もEP-807AWを持っています(。・ω・。)

スポンサードリンク

よく読まれる人気コンテンツ

サブコンテンツ

このページの先頭へ