エプソンEP-705Aプリンターエラーでの確認事項と解除方法


 

プリンターを使用していると
突然現れるエラー。

紙詰まりやインク交換だと
わかりやすいのですが
プリンターエラーなど
原因がわからないエラーの時は
不安になりますよね。

という事で今回は
「EP-705Aプリンターエラー」
について紹介します。

スポンサードリンク

関連記事

プリンターエラーが出た時

b503e1470e13cc692eefea2c92350a68

上記の画像はEP-705Aではなく
別の機種のプリンターエラーの画像です。

EP-705Aも同様なメッセージが
液晶画面に出てると思います。

プリンターエラーとは、プリンターが
正常に動作しない時に発生するものです。

その原因は異物混入だったり
システムの一時的な処理不良だったりと
いくつか想定できます。

そのため、改善するために
確認箇所が沢山あります。

確認したいこと

・修理返却ばかり

プリンターを修理に出した際
修理センターから手厚く梱包されて
送られてきます。

プリンター本体にも長時間の郵送の振動に
耐えれるよう、保護テープがついています。

修理から返却されて
プリンターエラーが消えない方は
保護材をきちんと取っているか
再度確認してください。

・突然現れた場合
outlet_plug_in

いつも通り使って、急に
プリンターエラーが出た場合です。

電源の入れ直しでも改善がない場合は
コンセントの確認をお勧めします。

プリンターの電源コードは
延長コードに使用するよりも、
壁側のコンセントに
直接差し込んだほうが
機械に優しいです。

電源を落とした後は、10秒ほどおいて
コンセントを壁側にさしなおして下さい。

スポンサードリンク

関連記事



・異物混入の可能性

紙詰まりが起きている時も
プリンターエラーはでます。

下記の部分は確認しましょう。

給紙部分を確認
30861_04

上から覗き込むと奥まで確認できます。

排紙部分を確認
紙詰まり8

排紙板を引っ張り出し
奥まで覗き込みましょう。

ヘッド部分の確認
紙詰まり
インクが入っているヘッドは
右奥にあるのが定位置で
人の手では絶対に動きません。

稀にヘッド奥に異物が詰まっていると
動くため、ヘッドを左に引っ張って動くか
確認してください。

全て確認済みでも改善なし

上記で紹介した内容を確認しても
エラーが改善ない場合は
プリンター本体が故障してる
可能性が高いです。

修理に出すか、買い換えるかの
どちらかになります。

EP-705Aは修理費が定額9000円
あらかじめ決められています。

修理方法の関連記事はこちら
エプソンプリンタが不具合。修理期間と修理手順の基礎知識。
エプソンプリンター修理・その他お問い合わせ先一覧。

また、プリンターには
部品保有期限というものが
定められており、EP-705Aは
2018/11/30です。

この日以降は、部品の保有がないため
修理を受け付ける事ができません。

買い替えを案内されます。

後継機種の相場

ph_visual
EP-705Aの後継機種はEP-707Aシリーズです。

見た目、機能にさほど差はありません。
コピー、スキャン、印刷等
必要な機能がすべて備わっている
シンプルな機種です。

相場は10000円ほど
比較的安い機種なので、
修理より買い替えのがお得です。

まとめ

・プリンターエラーは急に訪れる
・異物確認や、保護テープなど
確認で改善は多い
・故障の場合は修理で、金額は定額
・後継機種はEP-707A

 

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ