エプソンEP-703Aプリンターエラーでの確認事項と解除方法


プリンターを使用していくうえで
避けて通れないのが突然のエラー!

やはり年数がたつと
どこかガタがきます。

しかし、プリンターのエラーは
ほとんど一時的なものか
本当に壊れたものか、見分けやすいです。

なので今回は「EP-703Aプリンターエラー」
について、確認箇所や対処方法を紹介します。

スポンサードリンク

関連記事

プリンターエラーが出た時

b503e1470e13cc692eefea2c92350a68

上の画像は別機種の液晶画面ですが
EP-703Aとメッセージは変わりません。

急に出たプリンターエラーですが
これといった原因はわかりません。

紙詰まりや、インク交換などだと
わかりやすいのですが・・・。

このような場合は、一つ一つ確認していきます。

確認したいこと

・修理返却ばかり
修理センターから戻ってきた本体は
厳重な梱包に、保護テープが
沢山ついています。

特にヘッド部分には
郵送の振動に耐えれるよう
必ず保護されているので、
きちんと取れているか確認してください。

・突然現れた場合
outlet_plug_in

プリンターの電源コードは
延長コードに使用するよりも、
壁側のコンセントに
直接差し込んだほうがいいです。

電源をきちんと切れたのを確認し
10秒ほどおいて、
コンセントを挿し直しましょう。

・異物混入の可能性

紙詰まりが起きている時も
プリンターエラーはでます。

下記の部分は確認しましょう。

給紙部分を確認
30861_04

上から覗き込むと奥まで確認できます。

排紙部分を確認
紙詰まり8

排紙板を引っ張り出し
奥まで覗き込みましょう。

ヘッド部分の確認
紙詰まり
インクが入っているヘッドは
右奥にあるのが定位置で
人の手では絶対に動きません。

稀にヘッド奥に異物が詰まっていると
動くため、ヘッドを左に引っ張って動くか
確認してください。

全て確認済みでも改善なし

上記の内容をすべて試して
エラーが改善ない場合は修理です。

家庭用プリンターは修理費が定額で
定額修理9000円+送料です。

修理方法の関連記事はこちら
エプソンプリンタが不具合。修理期間と修理手順の基礎知識。
エプソンプリンター修理・その他お問い合わせ先一覧。

プリンターには部品保有期限があって
EP-703Aは2018/3/31です。

この日以降は、部品がないために
修理の受付ができません。

買い替えを案内されます。

後継機種の相場

ph_visual
EP-703Aの後継機種はEP-707Aシリーズです。

一回りコンパクトになって
性能には差がありません。

シンプルな機種なので値段も10000円ほど
お手軽なところも人気です。

まとめ

・プリンターエラーは突然訪れる
・内部の確認など一折り確認が必要
・目立った異常がなくて、改善ない場合は修理
・部品保有期限はチェックを
・後継機種はEP-707A

後継機種で問題なのが
インクの型番が変わっていることです。

インクのストックが大量にある方は
部品保有期限を忘れないようにしましょう。

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ