エプソンPX-602Fの廃インク吸収パッド交換対策


PX601F

ビジネス向けのインクジェットプリンター
PX-602Fですが、使用していると
必ず訪れる、廃インク吸収パッドエラーを
知っていますか?

インク同様、消耗品で
必ず交換する必要があります。

ということで今回は
「PX-602Aの廃インク吸収パッド」
について紹介します。

スポンサードリンク

廃インク吸収パッドとは

廃インク吸収パッド(以下:廃パッド)とは
印刷する際やヘッドクリーニングの時に
出る余分なインクを吸収する
プリンターの内部部品です。

廃パッドの吸収量には限界があり
一定量を超えると交換が必要です。

交換時期は2種類のエラーで
教えてくれます。

1、限界値に近づいている
imgc61337d6zikbzj

廃パッドの吸収量が限界に
近づいているエラーです。

このときプリンターは動作するため
急ぎの印刷物は終わらせましょう。

2、限界値に達した
p2

廃パッドの吸収量が
限界値に達したエラーです。

廃パッドを交換しない限り
プリンターが一切動作しません。

関連記事はこちら
廃インク吸収パッドの限界になる原因と、長持ちさせる秘訣。

スポンサードリンク


修理方法と料金と期間

gyokai126_01

廃パッドの交換は自分たちで出来ません。

廃パッドの交換方法は、主に2つです。
ダウンロード修理センター送付
ダウンロード販売店に依頼

このほかに引き取り修理サービスや
出張修理も対象になります。

修理方法の関連記事はこちら
エプソンプリンタが不具合。修理期間と修理手順の基礎知識。
エプソンプリンター修理・その他お問い合わせ先一覧。

出張修理じゃない限り
修理費は定額です。

廃パッド交換4000円+送料です。
(部品代と工賃込)

その他に不具合が見つかっても
定額修理9000円+送料です。
(廃パッドや工賃込)

出張の場合
基本料11,000円+技術料10,000+部品代
金額が倍以上になります。

また連絡してすぐ来れるわけでもなく
改めて日程調整。場所によっては
交通費も発生することも・・・。

出張修理は大型プリンターで
保守契約している人向けだと思うので
私はお勧めしません。

定額で決められている引き取り修理が
一番手っ取り早いです。

修理期間の納期は、1週間~10日前後
自宅に返却される目安です。

かなり急ぎの場合は修理センターに
相談するのもいいですね。

近くに修理センターがある方は
直接持ち込みが一番です。

知っとこ部品保有期限

プリンターには部品保有期限が
決められています。

その期限を超えてしまうと
部品がないため廃パッド交換や
不具合の修理ができません。

買い替えを案内されます。

PX-602Fの部品保有期限は
2018/3/31です。

関連記事はこちら↓
エプソンプリンター修理。部品保有期限終了前に知っておきたい事。

同等品の相場

・PX-650F
ph_visual_pxm650f

PX-602Fの同等品ならPX-650Fが
お勧めです。

FAXもADFもあり、相場は20000円ほどです。

ビジネスモデルは、大量印刷に強いですが
修理費が定額じゃないものが多いです。

保守など、あらかじめ組んでおいたほうがいいですね。

まとめ

・廃パッドの交換は消耗品で必ず必要
・料金は定額でも可能だし出張もある
・修理に出せば1週間ほどかかる
・同等品ならPX-650F

ビジネス機を使う企業さんなら
担当のエプソン営業マンに
問い合わせたほうが確実です。

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ