エプソンPX-502Aの廃インク吸収パッド交換対策


K0000059336

プリンターを使っていると
必ず出てくる廃インク吸収パッドエラー。

プリンターを購入して初めて知った方が
ほとんどだと思います。

ということで今回は
「PX-502Aの廃インク吸収パッド」
について紹介します。

スポンサードリンク

廃インク吸収パッドとは

廃インク吸収パッド(以下:廃パッド)とは
印刷する際や、ヘッドクリーニング時に出る
余分な少量の廃インクを吸収する
プリンター内部の部品です。

廃パッドの吸収量には限界があるため
一定量を吸収すると、交換が必要です。

交換時期は2種類のエラーで
教えてくれます。

1、限界値に近づいている
imgc61337d6zikbzj

廃パッドの吸収量が限界に
近づいているエラーです。

このエラーが出ている時は
プリンターがまだ動作してくれます。

2、限界値に達した
p2

廃パッドの吸収量が
限界に達したエラーです。

このエラーになると
廃パッドを交換しない限り
プリンターが一切動作しません。

関連記事はこちら
廃インク吸収パッドの限界になる原因と、長持ちさせる秘訣。

スポンサードリンク


修理方法と料金と期間

gyokai126_01

廃パッドの交換は、自分たちではできません。

交換方法は、主に2つです。
ダウンロード修理センター送付
ダウンロード販売店に依頼

このほかに、エプソンの
引き取り修理サービスもあります。

自宅まで宅配業者が
引き取りにきてくれます。

修理方法の関連記事はこちら
エプソンプリンタが不具合。修理期間と修理手順の基礎知識。
エプソンプリンター修理・その他お問い合わせ先一覧。

修理料金も定額で決められています。
廃パッド交換4000円+送料です。
(部品代と工賃込)

その他に不具合が見つかっても
定額修理14000円+送料です。
(廃パッドや工賃込)

修理期間は1週間~10日前後
自宅に返却されます。

知っとこ部品保有期限

プリンターにはそれぞれ
部品保有期限が決められています。

PX-502Aの部品保有期限は
2016/3/31です。

この日以降は、部品がないため
修理ができません。

廃パッドの交換も不可です。
買い替えを案内されます。

関連記事はこちら↓
エプソンプリンター修理。部品保有期限終了前に知っておきたい事。

同等品の相場

・PX-535F
K0000409735

PX-502Aの後継機種はありません。

同等品ならビジネス機の部類になりますが
PX-535Fがあります。

ADFとFAX機能がついています。
A4まで対応なので、
相場も15000円ほどとお手軽です。

まとめ

・廃パッドは消耗品で交換が必要
・交換は定額で1週間ほどかかる
・後継機種はないが、同等品はPX-535F

PX-535Fはビジネス機になります。

そのため廃パッドエラーが出ても
定額4000円での修理ではありません。

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ