エプソンEP-976A3の廃インク吸収パッド交換対策


img_product_index

プリンターを使用していると
急に出てきた廃インク吸収パッドエラー!!

これはインクと同様、消耗品で
定期的なメンテナンスが必要なエラーです。

ということで今回は
「EP-976A3の廃インク吸収パッド」
について紹介します。

スポンサードリンク

廃インク吸収パッドとは

廃インク吸収パッド(以下:廃パッド)とは
ヘッドクリーニングや、フチなし印刷の時に
でる余分な廃インクを、吸収する部品です。

廃パッドの吸収量には限界があるので
一定量を吸収すると、交換が必要です。

ただ、廃パッドは私たちの目で
確認できない位置に、設置されているため
2種類のエラーで表示してくれます。

1、限界値に近づいている
imgc61337d6zikbzj

廃パッドの吸収量が限界値に
近づいているエラーです。

このエラー時はまだプリンターが使えます。

急ぎの印刷があれば、終わらせてください。

2、限界値に達した
p2

廃パッドの吸収量が限界に
達したエラーです。

この時になると、廃パッドを交換しない限り
プリンターは一切動作しません。

関連記事はこちら
廃インク吸収パッドの限界になる原因と、長持ちさせる秘訣。

スポンサードリンク


修理方法と料金と期間

gyokai126_01

廃パッドの交換は自分たちではできません。

たまにネットなどで、解体ショー的な動画を見ますが
あれはとても危険なのでしないでください。

エプソンにも問い合わせましたが、
100%故障すると言ってました。

解体した機種は、改造品扱いになるため
修理の受付もできなくなります。

廃パッドの交換方法は、主に2つです。
ダウンロード修理センター送付
ダウンロード販売店に依頼

修理方法の関連記事はこちら
エプソンプリンタが不具合。修理期間と修理手順の基礎知識。
エプソンプリンター修理・その他お問い合わせ先一覧。

家庭用プリンターは、修理費が定額です。
廃パッド交換4000円+送料です。
(部品代と工賃込)

その他に不具合が見つかっても
定額修理15000円+送料です。
(廃パッドや工賃込)

修理期間は1週間~10日前後です。
プリンター自体は、修理センターに到着して
3日営業日以内に発送されるそうですが
配達業者の時間も含めての目安です。

知っとこ部品保有期限

プリンターが販売終了すると
部品保有期限が決められます。

EP-976A3の部品保有期限は
2019/8/31です。

この日以降、不具合があったり
廃パッドエラーが出ても
部品がないために、修理ができません。

関連記事はこちら↓
エプソンプリンター修理。部品保有期限終了前に知っておきたい事。

同等品の相場

・EP-977A3
ダウンロード

EP-976A3も比較的新しいモデルですが
後継機種がEP-977A3で、出てます。

家庭用プリンターで、手軽にA3印刷が
できるようにと出た機種です。

私もEP-807AWとEP-977A3は
どっちにしようか、すっごく悩みましたもん。

A3はかなり迫力あります。
一度知ってしまうと、癖になると思い←
EP-807AWで留めました(笑)

でも次はこっちを買うと思います。
やっぱりたまに拡大したくなります(笑)

機能などEP-976A3と比べ変化はありませんが
インクの型番が70型→80型に変わります。

相場は約30000円ほどです。

まとめ

・廃パッドは消耗品で交換が必要
・交換は定額で1週間ほどかかる
・後継機種はEP-977A3

この機種は、修理のほうがお得です。

部品保有期限間近になると
総合点検もかねて
定額修理に出したほうがいいですね。

インクの買いだめも部品保有期限終了後は
控えたほうがいいでしょう。

スポンサードリンク

よく読まれる人気コンテンツ

サブコンテンツ

このページの先頭へ