エプソンEP-906Fの廃インク吸収パッド交換対策


img_product_index (2)

プリンターを使っていれば
突如訪れる廃インク吸収パッドエラー。

これはインクと同様、
部品を交換するお知らせです。

ということで今回は
「EP-905Fの廃インク吸収パッド」
について紹介します。

スポンサードリンク

廃インク吸収パッドとは

廃インク吸収パッド(以下:廃パッド)とは
印刷する時や、ヘッドクリーニングの時にでる
余分なインクを吸収する部品です。

プリンターのかなり内部にあるため
自分たちで交換はできません。

たまにネットなどで解体ショー的な
動画をみかけますが、絶対にしないでください。

100%故障します。

廃パッドの交換は、プリンターから
2種類のエラーで教えてくれます。

1、限界値に近づいている
imgc61337d6zikbzj

廃パッドの吸収量が限界に
近づいているエラーです。

この時はまだプリンターが動作します。

2、限界値に達した
p2

廃パッドの吸収量が
限界に達したエラーです。

限界に近づいているエラーから
あまり時間たたずに出ます。

このエラーが出るときは
吸収量スペースがないためか
プリンターは一切動作しません。

FAXも同様です。

関連記事はこちら
廃インク吸収パッドの限界になる原因と、長持ちさせる秘訣。

スポンサードリンク


修理方法と料金と期間

gyokai126_01

廃パッドの交換方法は、主に2つです。
ダウンロード修理センター送付
ダウンロード販売店に依頼

このほかに、エプソンの
引き取りサービスもあります。

修理方法の関連記事はこちら
エプソンプリンタが不具合。修理期間と修理手順の基礎知識。
エプソンプリンター修理・その他お問い合わせ先一覧。

修理費は定額です。
廃パッド交換4000円+送料です。
(部品代と工賃込)

その他に不具合が見つかっても
定額修理14000円+送料です。
(廃パッドや工賃込)

定額修理に変わる場合は
一方連絡が入ります。

修理期間は宅配業者の
往復時間も考えて1週間~10日前後
自宅に返却されます。

知っとこ部品保有期限

プリンターにはそれぞれ
部品保有期限があります。

EP-906Fは2019/6/30です。

この期間を過ぎてしまうと
修理の受付ができません。

部品保有期限終了後に故障してしまうと
買い替えになります。

関連記事はこちら↓
エプソンプリンター修理。部品保有期限終了前に知っておきたい事。

同等品の相場

・EP-907F
img_product_index (4)

EP-906Fの後継機種は「EP-907F」です。

見た目、機能等に違いはありませんが
インクの型番が変わります。

相場は40000円ほどです。

まとめ

・廃パッドの交換は絶対必要
・交換は定額で1週間ほどかかる
・後継機種はEP-907F

プリンター価格が高めなので
部品保有期限前に定額で
メンテナンス修理に出すほうが
お得な気がしますね♡

スポンサードリンク

よく読まれる人気コンテンツ

サブコンテンツ

このページの先頭へ