エプソンPX-501Aの廃インク吸収パッド交換対策


00601511624

プリンターを使用していると
急に訪れる廃インク吸収パッドエラー。

消耗品なので、対処が必要です。

ということで今回は
「PX-501Aの廃インク吸収パッド」
について紹介します。

スポンサードリンク

廃インク吸収パッドとは

廃インク吸収パッド(以下:廃パッド)とは
印刷時や、ヘッドクリーニングなどで
出る余分な廃インクを吸収する部品です。

吸収量には限度があり、廃パッドが
いっぱいになると交換が必要です。

1、限界値に近づいている
imgc61337d6zikbzj

これは別の機種のエラーです。
PX-501Aにも同様のエラーがでます。

廃パッドの吸収量が
限界に近づいているエラーです。

この時はまだプリンターが動作するので
印刷物があれば、急いで終わらせましょう。

2、限界値に達した
p2

廃パッドの吸収量が
限界に達したエラーです。

この時は廃パッドがいっぱいいっぱいなので
プリンターは一切動作しません。

スキャンも動きません。

関連記事はこちら
廃インク吸収パッドの限界になる原因と、長持ちさせる秘訣。

スポンサードリンク


修理方法と料金と期間

gyokai126_01

廃パッドエラーが出ると
交換が必要です。

交換方法は2通りあります。
ダウンロード・販売店に依頼
ダウンロード・修理センターに送付

関連記事はこちら↓
エプソンプリンタが不具合。修理期間と修理手順の基礎知識。
エプソンプリンター修理・その他お問い合わせ先一覧。

修理期間は宅配業者の
往復時間を入れても
1週間~10日前後が目安です。

修理料金は定額で決められています。

廃パッド交換4000円+送料です。
(部品代と工賃込)

そのほかに不具合が見つかっても
(排紙板が破損など)
定額修理7000円+送料です。

知っとこ部品保有期限

プリンターには
部品保有期限というのがあり
この期限を超えると、部品がないため
修理ができません。

修理センターに電話しても
買い替えを案内されます。

部品保有期限終了後の機種と
その時に出ている新機種は
インクの型番が違う可能性が高いです。

関連記事はこちら
エプソンプリンター修理。部品保有期限終了前に知っておきたい事。

同等品の相場

・PX-535F
K0000409735

PX-504Aの後継機種はありませんが
同等品は「PX-535F」「PX-437A」になります。

FAX機能やADFもプラスされています。

しかしPX-535Fはビジネス機のため
修理は定額じゃなくなります。

相場はFAXやADFがついていない
顔料4色プリンターPX-437A
ph_visual (2)
同じの15000円ほどです。

まとめ

・廃パッドは交換が必要
・交換は定額で1週間ほどかかる
・同等品はPX-535FかPX-437A

4色インクってだけで
かなりお手頃価格ですね。

同じ価格で多機能とシンプル・・・。
うーん。悩む!w

スポンサードリンク

よく読まれる人気コンテンツ

サブコンテンツ

このページの先頭へ