エプソンPX-404Aの廃インク吸収パッド交換対策


ダウンロード

プリンターをしようしてると
突如訪れるのが
廃インク吸収パッド交換エラーです。

プリンターを持つまで私も
知らない部品でしたが

プリンターの定期交換が必要な部品です。

ということで今回は
「PX-403Aの廃インク吸収パッド交換」
について紹介します。

スポンサードリンク

廃インク吸収パッドとは

廃インク吸収パッド(以下:廃パッド)とは
電源を入れた時や、ヘッドクリーニング時に
出る廃インクを吸収する部品です。

吸収量には限界があり
廃パッドがいっぱいになると
交換しないといけません。

廃パッドの交換時期は
2種類にのエラーで、お知らせします。

1、限界値に近づいている
imgc61337d6zikbzj
廃パッドの吸収量が
限界に近づいているエラーです。

限界直前に出るエラーのため
すぐ限界になります。

プリンターはまだ動作するので
必要な書類があれば優先的に
印刷をお勧めします。

2、限界値に達した
p2
廃パッドの吸収量が
限界に達したエラーです。

廃パッドを交換しない限り
プリンターは一切動作をしません。
(スキャンも同様)

関連記事はこちら
廃インク吸収パッドの限界になる原因と、長持ちさせる秘訣。

スポンサードリンク


修理方法と料金と期間

gyokai126_01

廃パッドはプリンターのかなり
内部にあるので自分たちでの
交換ができません。

交換方法は2通りです。
ダウンロード修理センターに送付
ダウンロード販売店に依頼する

修理期間はプリンターが到着して
1週間~10日前後で
手元に届きます。

関連記事はこちら↓
エプソンプリンタが不具合。修理期間と修理手順の基礎知識。
エプソンプリンター修理・その他お問い合わせ先一覧。

家庭用プリンターは修理費が
定額で決まっています。

廃パッド交換4000円+送料です。
(部品代と工賃込)

その他に修理個所があっても
定額修理7000円+送料です。
(廃パッドも込)

知っとこ部品保有期限

プリンターには部品保有期限が
決まっています。

PX-404Aの部品保有期限は
2019/3/31です。

この期限を超えてしまうと
部品がないため修理ができなくて
買い替えを案内されます。

今売られている顔料家庭用プリンターは
インクが69型なので
PX-404Aの62型インクは使えません。

部品保有期限以降はプリンターが
いつ故障するかわからないので
インクの買いだめはお勧めしません。

関連記事はこちら
エプソンプリンター修理。部品保有期限終了前に知っておきたい事。

同等品の相場

・PX-437A
41B+etukyfL._SY300_

PX-404Aの後継機種はありません。

同等品ではPX-437Aをお勧めします。

おもPXシリーズを購入する人は
文章印刷が主の人向けです。

PX-437Aは顔料家庭用プリンターの中でも
ネットワークにも対応してて
大学生などに、とても人気です。

相場は15000円です。

まとめ

・廃パッドは消耗品
・定期交換が必要で1週間前後かかる
・部品保有期限以降は修理が不可
・同等品はPX-437Aが人気

液晶画面がある機種に慣れている方は
次の機種も液晶画面があるタイプが
絶対いいです。

インク交換が何より楽です。

スポンサードリンク

よく読まれる人気コンテンツ

サブコンテンツ

このページの先頭へ