EP-774A廃インク吸収パッド交換についてまとめました。


img_product_index (1)

プリンターを使用していく上で
避けては通れないエラーが
廃インク吸収パッドエラーです。

プリンターを購入して
初めて知る方が多いと思いますが
消耗品のため、今のうちに
知っておいた方がいいです。

今回は廃インク吸収パッドエラー
出たときの対処を紹介します。

スポンサードリンク

廃インク吸収パッドとは

廃インク吸収パッド(以下:廃パッド)とは
ヘッドクリーニングや印刷時に出る
不要なインクを吸収する、内部の部品です。

吸収量には限界があり
廃パッドがいっぱいになるとエラーで
お知らせしてくれます。

エラーには2種類あります。

1、限界値に近づいている
imgc61337d6zikbzj
廃パッドが限界値に
近づいているエラーです。

廃パッドエラーは、印刷の使用頻度
色味によって変わってくるので
限界になる時期は、人それぞれ違います。

この時まだ印刷は可能です。

2、限界値に達した
p2
廃パッドの吸収量が限界に
達したエラーです。

限界になると安全の問題から
一切の動作ができません。
(スキャンも含む)

関連記事はこちら
廃インク吸収パッドの限界になる原因と、長持ちさせる秘訣。

スポンサードリンク


修理方法と料金と期間

gyokai126_01

廃パッドは、プリンターに
必要不可欠の部品ですが
自分で交換することができません。

交換方法は2通りあります
ダウンロード修理センターに交換依頼
ダウンロード販売店に依頼

修理に出す方法を
まとめた記事もあります。
エプソンプリンタが不具合。修理期間と修理手順の基礎知識。

修理料金は定額と決まってます。

廃パッド交換4000円+送料です。
(部品代と工賃込)

その他の修理個所があっても
定額修理11000円+送料です。
(部品代と工賃込)

修理期間は宅配便の込み状況で
異なりますが
平均1週間~10日前後です。

同等品の相場

・EP-777A
ph_visual

EP-774Aの後継機種がEP-777Aです。

EP-807AとEP707Aの間の機種が
EP-777Aという位置付イメージです。

EP-707Aと比べると
印刷速度も早くなります。

相場は13000円前後とこちらもお手頃。

まとめ

・廃パッド交換はいずれ出るエラー
・限界になると動かない
・自分たちでは治せない
・修理は定額料金
・修理期間は1週間前後
・後継機種はEP-777A

高機能のEP-80~シリーズと
シンプルなEP-70~シリーズの
中間で、いいとこどりの機種です。

キャノンに対抗した中間層狙いで
出ましたが、今でも大人気ですね。

スポンサードリンク

よく読まれる人気コンテンツ

サブコンテンツ

このページの先頭へ