エプソンEP-803Aの廃インク吸収パッド交換対策


J0000008245
プリンターを使用していると
必ず訪れるのが
廃インク吸収パッド交換エラーです。

これは厄介なことに、自分たちで
解除ができません。

という事で今回は
「EP-803Aの廃インク吸収パッドについて」
紹介したいと思います。

スポンサードリンク


スポンサードリンク

廃インク吸収パッドとは

廃インク吸収パッド(以下:廃パッド)とは
電源立ち上げ時や、印刷時に出る
余分なインクを吸収する部品です。

プリンターはインクという液体を
使っているので、どうしても余分に
少量のインクが出てしまいます。

この廃パッドはプリンターに
なくてはならない部品なのです。

エラーについては2種類あります。

1、限界値に近づいている
imgc61337d6zikbzj
廃パッドの吸収量が、限界に
近づいているというエラーです。

この時はまだプリンターは動作します。

2、限界値に達した
p2
廃パッドの吸収量が
限界に達した時のエラーです。

こうなると安全性の問題で
プリンターは一切動作しません。

重要な書類がある方は
限界値に近づいているときの警告で
さっと終わらせておきましょう。

修理方法と料金と期間

gyokai126_01

廃パッドはかなり内部にある
部品のため、自分たちで交換ができません。

販売店に持ち込むか、
修理センターに送るかの2択です。

家庭用のプリンターは
定額修理費が決まっています。

廃パッド交換4000円+送料です。
(部品代と工賃込)

その他の不具合があれば、定額修理になり
11000円+送料です。(部品代と工賃込)

修理期間は、プリンターが
修理センターに届いて
3日営業以内に発送です。

宅配業者の配達時間を考えても
1週間~10日前後あれば
返却されます。

関連記事はこちら↓
エプソンプリンタが不具合。修理期間と修理手順の基礎知識。
エプソンプリンター修理・その他お問い合わせ先一覧。

知っとこ部品保有期限

プリンターには部品保有期限が
エプソンによって定められています。

EP-803Aは2018/3/31です。

この期限を過ぎると注意!
部品がないため、交換ができません。

その他の修理の受け付けもできません。

買い替えを案内されます。

エラーがまだ出てない方も
部品保有期限間近になれば
インクの買いだめはしない方がいいです。

関連記事はこちら↓
エプソンプリンター修理。部品保有期限終了前に知っておきたい事。

同等品の相場

・EP-807AB/AW/AR
ep-807a-blog-400-400-20141107-thumbnail2

EP-803Aの後継機種は「EP-807AB」です。
3色のカラーがあり、インテリにもなります。

大きく変わったのは、画面のサイズアップと
タッチパネルになったことです。

家庭用プリンターの中で
一番機能が豊富な機種です。

お値段の相場は20000円前後です!

まとめ

・廃パッドは必ずでるエラー
・交換方法は修理
・部品保有期限には気を付けて!
・後継機種はEP-807AB

部品保有期限間近だと
廃パッドエラーが出てないでも
交換してくれます。

新しい機種は、インクが変わる為
ストックがある方は修理がいいです。

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ