エプソンEP-802Aの廃インク吸収パッド交換対策


ダウンロード

印刷やヘッドクリーニングを繰り返していると
必ずやってくるのが
「廃インク吸収パッド」交換のエラー。

初めて見た方は、びっくりと思いますが
どの機種にも必ず訪れるエラーです。

今回は、EP-802Aの廃インク吸収パッド
について、紹介します。

スポンサードリンク

廃インク吸収パッドとは

廃インク吸収パッド(以下:廃パッド)
とは、電源立ち上げ時や
ヘッドクリーニング時に出る
余分な廃インクを吸収する部品の事です。

廃パッドのエラーは、2種類あります。

1、限界値に近づいている
imgc61337d6zikbzj
廃パッドの吸収量が限界に近づいている
警告のエラーです。この時
印刷の動作がまだ可能です。

2、限界値に達した
p2
近づいている警告から、期間も空かずでるのが
廃パッドが限界に達したエラーです。
このエラーが出てしまうと
スキャンも印刷もできなくなります。

修理方法と料金と期間

gyokai126_01

修理料金は定額で決められてます。
廃パッド交換4000円+送料です。

その他に修理個所があれば
定額修理にかわり、11000円+送料です。
(廃パッド交換込)

修理の期間は修理センターに製品が到着して
3営業日以内に発送されます。

往復の配達時間も考えると
1週間前後が目安です。(土日祝除く)

関連記事はこちら↓
エプソンプリンタが不具合。修理期間と修理手順の基礎知識。
エプソンプリンター修理・その他お問い合わせ先一覧。

知っとこ部品保有期限

EP-802Aには部品保有期限が
すでに決められています。

2016/3/31でこの期間を
超えてしまうと、修理の受付ができません。

買い替えの案内をされます。

廃パッドで修理を出すなら
総合点検も依頼した方がいいですね。

関連記事はこちら↓
エプソンプリンター修理。部品保有期限終了前に知っておきたい事。

同等品の相場

・EP-807AB/AW/AR
ep-807a-blog-400-400-20141107-thumbnail2

EP-802Aの後継機種は「EP-807AB」です。
3色カラーがあり、AB(ブラック)/AW(ホワイト)/AR(レッド)
と表記が変わります。

EP-802Aと大きく違うのは
タッチパネルになったこと。
単体での印刷が、とっても簡単です。

家庭用プリンターの中で、一番高機能な
EP-807ABの相場は、20000円前後です。

まとめ

・廃パッドエラーはいずれ必ず出る
・廃パッド交換は自分たちで出来ない
・修理費は全てにおいて定額
・修理期間1週間程
・部品保有期限は注意
・後継機種はEP-807AB

プリンターが液体で動くものなので
どうしても欠かせない部品です。

でも自分たちで交換できないのは
少し痛いですね。

家庭用プリンターにも
自分たちで交換できる機種が
いずれ出る事を祈ってます・・。

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ