エプソンEP-901Aの廃インク吸収パッド交換対策


 

プリンターを使用していく上で
どうしても避けられないのが
「廃インク吸収パッド」の交換です。

今回は「EP-901Aの廃インク吸収パッド交換」
について書いて行きます。

スポンサードリンク

廃インク吸収パッドとは

プリンターを使用していると
必ず余分なインクが出てきます。

ヘッドクリーニングだったり
電源立ち上げた時等で、出た廃インクを
吸収するのが「廃インク吸収パッド」です。
どのプリンターにも付いてる部品です。

この廃パッドの吸収量には限界があり
いずれは交換する必要があります。

その目安となるのが
「廃インク吸収パッド交換」エラーです。

廃パッドの交換方法

家庭用のプリンターで廃パッドの交換は
自分たちで、できません。

修理センターに持ち込むか
送付して、交換を依頼します。

販売店に持ち込むのも有りです。

廃パッドの交換をしないと
スキャンも含め、全ての機能が
ストップします。

スポンサードリンク


EP-901Aは交換不可?

廃パッド交換エラーは
使用していく上で必ずでる
消耗品エラーですが、必ずしも
交換ができるわけじゃ、ありません。

プリンターにはそれぞれ部品保有期限が
決められていて、この期限を超えると
部品がないため修理ができません。

EP-901Aの部品保有期限は
2015/3/31となっています。

交換ができないと印刷ができないので
部品保有期限終了した機種は
買い替えになります・・・。

もし修理ができてたとしても
廃パッドの修理だけで
定額4000円+送料。その他修理があれば
定額で10000円は超えます。

今プリンターの相場は1万~3万と
修理費と変わらない金額なので
廃パッドエラーを期に
買い替える方が、多いようです。

EP-901Aの後継機種は?

EP-901Aの後継機種はEP-905A
終了しています。

なので直接的の後継機はないのですが
同等品ならEP-907FEP-807AB
オススメします。

ダウンロードEP-907F
img_product_index
EP-907Fは今までの機能に
FAX機能がプラスされた機種です。
FAXが付いている分、約3万円と高額気味です。

ダウンロードEP-807AB
ph_visual
EP-807ABは見て分かる通り、上のPDFが
付いてないだけです。
他の機能はなんら変わりません。
FAXを持っている人
EP-807ABで充分だと思います。
インクも同じなので色味も変わりません。
ただPDFがないだけです。
お値段も15000円前後と、
高機能なのに、優しい値段です。

まとめ

・廃パッドエラーは必ず出る
・交換をしないとプリンターは使えない
・EP-901Aは修理不可
・廃パッドを期に買い替えも多い
・機能重視で手頃の同等品がある

私はEP-807AWを持っていますが
最初についてるセットアップ用インクだけで
150枚ほど写真印刷ができましたよ!
他にも、A4で資料を印刷もしてます。

今のインクってかなり小さいから
期待はしてなかなったのですが
中々長持ちしてます(^^)/

最近新しいのに数本変えましたが
今度は増量タイプなので
かなり印刷ができそうです♡

スポンサードリンク

よく読まれる人気コンテンツ

サブコンテンツ

このページの先頭へ