エプソンEP-801Aの廃インク吸収パッド交換対策。


プリンターを使用していると
必ず現れる「廃インク吸収パッドエラー」

EP-801Aをあまり使用しない方でも
そろそろ出てくるかもしれない
エラーなので、是非この記事を
参考にしてください。

スポンサードリンク

廃インク吸収パッドエラーとは

廃インク吸収パッド(以下:廃パッド)は
電源入れるときや、ヘッドクリーニングの時等に
出る余分なインクが溜まる所です。

廃パッドの吸収量が限界に達すると
安全性の問題で、プリンターの動作が
スキャンも含め、一切できません。

エラーの種類は2つあります。

1、限界値に近づいている
imgc61337d6zikbzj
これは限界に近づいているという警告なので
今はまだスキャンや、印刷などできます。

2、限界値に達した
p2
近づいているという警告から
そう時間がたたないうちに、限界に達します。
限界エラーが出ると、一切の動作をしません。

スポンサードリンク


対処と交換金額

家庭用のプリンターは、自分たちで
廃パッド交換ができません。

最寄りの修理センターに依頼するか
製品を買い替えるかです。

修理関連記事↓
エプソンプリンタが不具合。修理期間と修理手順の基礎知識。

修理に出すと定額料金4000円
廃パッド交換可能です。

別の修理個所があれば+料金になります。

これに別途送料や、販売店経由で出すと
手数料が加算されます。
※販売店によって違いはあります。

EP-801Aは修理不可?

プリンターには部品保有期限というのがあり
販売から5~6年で、部品の保有が終了し
修理ができない状態になります。

EP-801Aは部品保有期限が2015/3/31で終了のため
今この記事を見ている人が
3/31を超えていると、修理は不可です。

買い替えとなります。

EP-801Aの後継機種はEP-807AB(ブラック)です。
ep-807a-blog-400-400-20141107-thumbnail2
スマホですぐ写真印刷もできるし
多機能でオススメです!

私もこれのホワイトを持ってます(´,,•ω•,,`)

まとめ

・廃パッド交換エラーは必ずでる
・エラーが出ると本体は動かない
・自分たちでは交換ができない
・2015/3/31を超えてると修理不可の機種
・後継機種はEP-807Aシリーズ

2008年に発売されたEP-801Aが
ついにディスコン品になりましたね。

昔の大きなプリンターから
コンパクトになった
初めての機種で当時は画期的でしたね。

最新機種のEP-807AはEP-801Aより
一回り程小さいです。
機能もタッチパネルになり
操作がとっても簡単です^^

これからどんどん便利になる
プリンターに期待ですね╭(๑•̀ㅂ•́)و

スポンサードリンク

サブコンテンツ

このページの先頭へ